2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 久々にAkoustic Bandを聞いてみた | トップページ | "Ashes to Ashes":小売業のBGMとして今でも健在 »

2009年1月22日 (木)

さまざまな状況にフィットするRoberta Flackのベスト盤

Roberta_flack "Softly with These Songs: the Best of Roberta Flack" Roberta Flack (Atlantic)

ジャケットのRobertaの表情のアップにまずのけぞる。それはさておき...。

本作はRoberta Flackのデビューから90年代初頭に至るAtlanticレーベルでの音源をカバーしたベスト盤である。Robertaのキャリアを俯瞰するのに17曲という曲数で十分か,更に選曲はどうかという議論はあるところであろうが,基本的なヒット曲はおさえてあるので,Robertaの音楽に初めて触れるリスナーにとっては問題ない。このアルバムの後,新たなベスト盤が2006年に"The Very Best of Roberta Flack"として出ているので,どちらを取るかは買い手の好みであるが,別に大差はないと思ってよい(少なくとも私にとってはそうだ)。

本作はRobertaのヒット曲を楽しめるとともに,懐かしの"Killing Me Softly with This Song(やさしく歌って)"やPeabo Brysonとの"Tonight I Celebrate My Love for You(愛のセレブレイション)"等は洋楽カラオケ・レパートリーを増やしたいときに便利である(私の持ち歌だな)。また,"Oasis"におけるDavid Sanbornによるアルト・サックス・ソロは彼の歌伴の中でも特に評価の高いものなので,Sanbornファンは必聴ということで,いろいろな聞きどころがあるベスト盤である。曲が収録されたタイミングにより,打ち込みが時代を感じさせる部分もあるが,それも歴史である。

彼女を支える伴奏陣や共演する歌手陣もオールスターと言ってよいが,彼女のソロだけでなく,Donny Hathaway,Peabo Bryson,Maxi Priest等とのデュエットも聞きもの。

今やRoberta Flackには同時代の歌手としての意義はなくなったかもしれないが,やはり一つの時代を作った名歌手であり,そのヒット曲は今でも楽しめる。気楽に聞き流すもよし,一緒に歌うもよし,真剣に聞くもよし。それはリスナーの状態次第。どんなシチュエーションでも基本的にはOKという便利なアルバムである。星★★★★。

参加ミュージシャンは多数に渡るのでここでは省略させて頂く。

« 久々にAkoustic Bandを聞いてみた | トップページ | "Ashes to Ashes":小売業のBGMとして今でも健在 »

ソウル/R&B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/43770402

この記事へのトラックバック一覧です: さまざまな状況にフィットするRoberta Flackのベスト盤:

« 久々にAkoustic Bandを聞いてみた | トップページ | "Ashes to Ashes":小売業のBGMとして今でも健在 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作