2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 改めてFreddie Hubbardを聞く | トップページ | 一筋縄ではいかないQuestのスタンダード集 »

2009年1月13日 (火)

オリジナル・フォーマットで聞くべきアルバム"Modern Art"

Modern_art "Modern Art" Art Pepper(Intro)

私は結構Art Pepperも好きなのだが,このブログには"Winter Moon"のことを書いたぐらいで,ほとんど取り上げていないのはなぜなんだろう。思うにこれはPepperだけではないのだが,自戒を込めて言えば,新しいアルバムを聞くだけでいっぱいで,昔から聞いてきたアルバムをないがしろにしているように思えてならない。そうは思っていても,気になる新譜が出ると買ってしまうのだから,やはりこれは一種の病気である。こうしたことも繰り返し書いているようには思うが,手持ちのアルバムもちゃんと聞いてやらないと,そのうち家人に捨てられてしまいそうな恐怖に駆られる私である。

それはさておき,Art Pepperである。世の中,前期のPepperがいい,後期のPepperがいいという議論が常々行われているが,ミュージシャン人生の前後期で音楽スタイルが変わったって,全然問題ないわけで,Coltraneなら許しても,Pepperは許せんというような感じになっているのは明らかに変である。私はジャズを聞き始めた当時が,Pepperの復活時期と重なっていることもあり,私にとっての同時代のPepperはいわゆる後期であり,前期のPepperは後追いだった方だから,そうした「どっちがいい」とかいう思い入れは全くない。はっきり言って,どちらも好きである。

とは言え,Art Pepperの全キャリアの中で一枚選べということになれば,私は躊躇なくこの"Modern Art"を選ぶ。ほかにも魅力的なアルバムがあるのも事実だが,このアルバムにおける"Blues In"に始まり,"Blues Out"で終わると言う曲順こそ完璧である。これぞプロダクションの妙である。このアルバムは輸入盤では"Modern  Art: The Complete Art Pepper Aladdin Recordings, Vol.2"として発売されているが,収録曲が増えるのはいいとしても,曲順も何も考えない編集方針ははっきり言って興をそぐ。私としてはこのアルバムは,オリジナル・フォーマット通りでないと聞いた気になれないのだが,それほどオリジナルのプロダクションに隙がないということである。よって,私はその輸入盤も保有してはいるが,このアルバムを聴きたいときはLPでということになってしまうのである。このアルバムには余計なボーナス・トラックも別テイクも不要なのである。オリジナル通りの曲順で楽しむのが正しい(と熱くなってしまった)。CDを買うなら曲数が少ないともったいないと思わず,LPと同じ曲目,曲順のバージョンを購入すべきだと私は確信している。

いずれにしても,このアルバムでのPepperは彼が単なる西海岸のジャズ・ミュージシャンでないことを雄弁に(ときに寡黙に)実証している名アルバム。いつ聞いても素晴らしい。星★★★★★。

Recorded on December 28, 1956 and January 14, 1957

Personnel: Art Pepper(as), Russ Freeman(p), Ben Tucker(b), Chuck Flores(ds)

« 改めてFreddie Hubbardを聞く | トップページ | 一筋縄ではいかないQuestのスタンダード集 »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

コメント

続けて、こっちもぉ。

私も両方好きです。
やっぱ、エッギ効いて切れ味勝負ッテのも、二枚目にはぴったり。
で、情感タップリな良い意味でアバウトな感じの後半も好き。
ただ、最近は、後半のアルバムを聴くことはあっても前半は少ないです。
理由は、LPとCDってこともあるかな。。

すずっくさん、やっぱ双子ですなぁ。状況も似てますわ。

私の場合、このアルバムはLPの曲順どおりにiPodに突っ込むのがいいんでしょうね。

>すずっくさん、やっぱ双子ですなぁ。

あい。
でも、きっぱり言うけど、歳は違いまっせ。(爆)
ウインタームーンも好きですよ。
あれも、ギター居るよね。ハワードロバーツも良いギターッス。

すずっくさん,おはようございます。

「でも、きっぱり言うけど、歳は違いまっせ。(爆)」ときっぱり言われなくてもわかってまんがな(と,なぜか関西弁になる)。

ところで,"Winter Moon"は一時期1,000円で売られていましたが,あれはお買い得でしたね。最近,国内盤の方が輸入盤より安い場合もあって,以前とは随分変わったなぁと思うこともありますね。というよりも,特定の輸入盤ショップでの値段(特に欧州盤)が高過ぎるという気もしますが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリジナル・フォーマットで聞くべきアルバム"Modern Art":

« 改めてFreddie Hubbardを聞く | トップページ | 一筋縄ではいかないQuestのスタンダード集 »

Amazon検索

2018年おすすめ作