2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 上原ひろみが2008年の最高作かねぇ... | トップページ | やはりGary Fosterは素晴らしい »

2009年1月 6日 (火)

朗報:Jazz Italiano2006シリーズが再プレス

Fresu "Jazz Italiano Live 2006" Paolo Fresu Devil Quartet(Palaexpo)

永らく入手が難しい状態が続いていたJazz Italiano Live 2006シリーズの再プレスが行われたようで,イタリアのサイトほかで購入が可能となっている。このシリーズ,結構いいものが揃っているが,その中で皆さんにはPaolo Fresu Devil Quartetをお勧めしたい。何と言ってもこのバンド,私にとって2008年最多プレイバック・バンドである。入手困難な中,結構大枚はたいてこのアルバムを入手した私としては微妙なところもあるのだが,いいものはいいから皆さん買いましょう。

そもそもこのバンドが吹き込んだスタジオ盤"Stanley Music!"(Blue Note)も最高にいかしているが,そのよさはこのライブ盤でも十分伝わってくるから,多少の輸送料がかかってもイタリアから取り寄せる価値ありである。

スタジオ盤がオリジナルで固めていたのに対し,こちらには"My Man's Gone"と"Summertime"というガーシュイン・ナンバーが収められているのが特徴であるが,これがやはり一筋縄ではいかない。エフェクトを使うところはFresuらしいが,特に"My  Man's Gone Now"でのミュートした音色やバンドのアレンジメントはMilesのようにも響く(4ビートに突入する瞬間など"We Want Miles"的である)感覚がある。やっぱいいねぇ,このバンド。メンツ4人のレベルも異常に高いのだ。このコンテンポラリーな響き,昨今のイタリア・ジャズっぽさには欠けるかもしれないが,ちょっと大げさに言えば現役最強バンドと呼びたいぐらいの優れたユニットである。このバンドを皆さんにもっと知って欲しいという意味合いも込めて星★★★★★。

ちなみに冒頭が"Another Road to Timbukutu"というのはスタジオ盤と同じだが,スピード感ではスタジオ盤の勝ちながら,ここでもカッコいい演奏を聞かせている。でもテンポはやはりもう少し上げた方がよかったかもなぁ。

ブログのお知り合い,すずっくさんも書かれていたし,私も以前の記事で書いたが,誰かこのバンド,日本に呼んでくれないものか。来たら私も追っかけである。

ところで,このシリーズ中,Enrico Pieranunzi盤だけが再プレスされていないようなのはなぜなのか??? ちょっと不思議である。

Recorded Live at Casa del Jazz,Rome on February 27, 2006

Personnel: Paolo Fresu(tp, fl-h, electronics), Bebo Ferra(g, electronics), Paolino Dalla Porta(b), Stefano Bagnoli(ds)

« 上原ひろみが2008年の最高作かねぇ... | トップページ | やはりGary Fosterは素晴らしい »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

コメント

きゃぁ。。。
朝から驚いちゃった。お腹痛いの治った。。

このシリーズの再プレスは当然でしょう。。。
と、思ういます。
2006年シリーズは、メンバーすごいモン。
わたくしは特にこのジャケットミルだけでどきどきものです。

>昨今のイタリア・ジャズっぽさには欠けるかもしれないが,ちょっと大げさに言えば現役最強バンドと呼びたいぐらいの優れたユニットである。

そうなんですよね。。ホント。。やっぱり、頭良いよね。
わたくしの言いたいことがそのままです。

で、この辺心情的には結構微妙。
ずっとイタイアンハードバップを追いかけ、日本での公演とか楽しみにしてきたんだけど、一つの方向に流れ出すと、、マスメディアとか、業界関係は、一辺倒になってしまうんだよねぇ。でも、本当に痛快だし、ファン多いから仕方ないんだけど。お仕事だもんねぇ。
ただ、少なくても自分の感性でジャズを聴いてる、ッテ思ってる人で、電気かかったコンテンポラリーなサウンド大丈夫な人は試して欲しいよねぇ。。。
ホント、この辺って、今風に考えるとこの路線の支持者はマイノリティも良いとこっす。
まぁでも、こういうコンテンポラリー系はこれでなくても難しいと思うナ。しかも、高くて人に勧めにくい。

この際、マイスペースでも初めて自分で呼ぶか、、。
つうのも、、わたくしには、無理だ。
今年は、このアルバムブログにあげてローマのシリーズ完結しなくちゃ。


すずっくさん,こんばんは。お返事遅くなって申し訳ありませんでした。

それにしても熱いコメントですねぇ。嬉しくなってしまいました。私は今回の再発でGattoやBollaniなど都合4枚注文してしまいましたが,それでも送料込みで75ユーロですから,今のレートで¥9,000ちょいぐらいですね。値段からしても,Venusレーベルのエロ・ジャケのアルバム買ってるより,はるかに心が豊かになれることからしても,決して高くはないと思いますが。

まぁでも人の価値観はそれぞれですからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朗報:Jazz Italiano2006シリーズが再プレス:

« 上原ひろみが2008年の最高作かねぇ... | トップページ | やはりGary Fosterは素晴らしい »

Amazon検索

2018年おすすめ作