2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« George HarrisonとEric Claptonの麗しき友情 | トップページ | 改めてFreddie Hubbardを聞く »

2009年1月11日 (日)

あっという間に在庫が消えたJazz Italiano 2006,と思ったら2008シリーズ発売!

先日,このブログで「朗報:Jazz Italiano2006シリーズが再プレス」という記事をアップしたばかりだが,その後,私が利用しているイタリアの通販サイトを訪れてみたら,ほとんどのアルバムの在庫が私の注文時は"GREAT"だったのに,"ZERO"に変わっているではないか。先日紹介のFresuもないし,私が注文したRoberto GattoもStefano Bollaniもなくなっている。

やはりこのシリーズ人気が高いのか。私が注文をかけて1週間でこの状態とは驚きであるが,東京の某ショップではこのシリーズのBollaniの中古盤に14,000円というとんでもない値段がついていたから,さもありなんという感じではあるが...。それにしてもである。

しかし,その通販サイトをよくよく見ると,2008年バージョンが顔を出している。そのひとつがCasa Del Jazz All Starsによる"Omaggio a Fabrizio De Andre"。メンツがDi Battista,Bosso,Marcotulli,Tommaso,Gattoでは買わぬわけにはいかん。そのほかにもFresu,Doctor 3(トランペットの1ホーン)ほか注目盤満載である。今年のテーマは「オマージュ」シリーズのようで,これでは散財確実。誰か助けてぇ~。と言いつつ,既に4枚注文してしまった私である。

とにかくイタリア・ジャズ・ファン(いつから私はイタリア・ジャズ・ファンになったんだ?)は要注目である。手許にCDが届いたら,更に詳しく書くことにしよう。

« George HarrisonとEric Claptonの麗しき友情 | トップページ | 改めてFreddie Hubbardを聞く »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ちょっとだけ雪です。


14000円って、まじ?
って、、フレス持ってませんでした??


しかし、すばやいな。
わたくし、実は昨日そのサイトうろうろしてたんだけど。。
後でみてみまあす。

すずっくさん,おはようございます。

14,000円はPaolo Fresuじゃなくて,Stefano Bollaniの方です。だって,Rita Marcotulliだって1万円以上してましたしねぇ。異常です。ちなみにFresuは私はオークション・サイトで買いましたが,いくらだったかなぁ。$30ぐらいだったように記憶しているのですが...。

ちなみに2008年のシリーズは時間差でアップされるアルバム数が変わっていました。最初2枚だけがアップされ,その後,アルバム数が増えたって感じでしたねぇ。

今回のFresuはワールド・ミュージックへのオマージュだそうです。Roberto Gattoはプログレッシブ・ロックへのオマージュだし。ちょっと恐いんですが,FresuもGattoも注文しちゃいました。

私もだんだん病が高じてきたようですね。

今日は、雪なんです。。

>Rita Marcotulliだって1万円以上してましたしねぇ

エ!再発しなければ、、全部で10万分くらいの資産価値だったかしら。。
売らないけど。。(爆)

つう事で、この頁をリンクさせていただきました。

すずっくさん,こんにちは。リンクありがとうございます。こちらからもコメント,TBさせて頂きますね。

「エ!再発しなければ、、全部で10万分くらいの資産価値だったかしら。。」

それ以上ではないですか。しかし,そんな価格を出してまで買う人って,ネット社会での情報に疎い人ではないかと思ってしまいますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« George HarrisonとEric Claptonの麗しき友情 | トップページ | 改めてFreddie Hubbardを聞く »

Amazon検索

2018年おすすめ作