2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

カテゴリー「ジャズ(2008年の記事)」の記事

2008年12月31日 (水)

本年を回顧する(その4):ジャズ編

January いよいよ今年も大詰めである。最後の最後は今年聞いて気に入ったジャズ・アルバムについてである。

今年もいろいろなアルバムを購入したが,ブログのお知り合いの皆さんからの情報が本当に役に立った。自分だけでは出会うことができないアルバム群(特に欧州系)に出会うチャンスは頂けたのはやはり皆さんのおかげである。

欧州系で言えば,Peter Asplundの"As Knights Conquer"やDaniele Scannapiecoの"Lifetime",更にはEnrico PieranunziとKenny Wheelerの共演が素晴らしかった"As Never Before"等が記憶に残る。

欧州系と言うことでは,私が愛するECMレーベルでのMarcin Wasilewskiの"January"が最高だったが,今年後半に出たArild Andersenのライブ盤も楽しめた。やはりECMレーベルは私の嗜好と合致している。

モダン/コンテンポラリー系では,JOC Featuring Jesse van Rulerの"Silk Rush"にはワクワクさせられた。あそこまでギターを弾きまくってくれたら爽快である。また,Brian Blade Fellowshipの久々の新作も期待を裏切らない出来だったし,Pat Methenyの"Day Trip","Tokyo Day Trip"の両方も捨て難い作品であった。

ヴォーカルもので最高だったのが吉田美奈子と渡辺香津美の"Nowadays"である。ジャズの範疇を軽く超越した非常によくできたデュオ・アルバムである。その他ではLizz Wrightの"The Orchard"がCassandra Wilson的な魅力を強く放っていた。Cassandraも優れた新作を出したが,私としては今年はLizz Wrightの方を推したい。

発掘音源としてはSteve Khanの"Suitcase"にとどめを刺す。これは燃えるライブ盤であり,こんな音源が埋もれていたこと自体が信じ難い。Paul Desmondのライブ盤もよかったが,どっちを取れと言われれば,躊躇なくSteve Khanを選ぶ。それぐらい素晴らしいアルバムである。

そうした中で今年の事件はDave Liebmanの"Pendulum"が大量の未発表音源を含めてボックス化されたことであろう。これは本当に事件であった。一部で本作に関して大いに盛り上がったことも懐かしい。Liebmanについてはブート盤"Bremen 1974"も強烈であったが,やはりこの"Pendulum"ボックス再発は強烈なインパクトを残した。

では今年を代表する「新作」は何だろうかと聞かれるとちょっと悩んでしまうが,ここはMarcin Wasilewskiにしておこう。ECMの透徹な美学を強く感じさせる演奏として,私の心をとらえて離さない傑作であった。

ということで,今年も1年間何とかこのブログを続けることができた。まさか一日も休まず続くとは思わなかったが,これも偏に皆さんのアクセスがあるからこそである。これからも中年のボケ防止の戯言にお付き合い頂ければ幸いである。

では皆さん,よいお年をお迎え下さい。

2008年12月30日 (火)

追悼:Freddie Hubbard

Vsop 年末になって残念なニュースが飛び込んできた。Freddie Hubbardが心臓発作で亡くなったそうである。感謝祭後から入院し,闘病を続けていたらしいのだが,ついに不帰の人となってしまった。近年は唇の不調から,かつてのようなFreddie節は聞けなくなっていたが,それでも彼がVSOPの一員として,日本に残した音源は,日本のジャズ史に必ず残っていくものと思う。

Freddieを追悼するには"Red Clay"でも何でもいいのだが,やはり心情的にはVSOPのライブ盤しかないだろう。「熱狂のコロシアム」でもいいが,今日は"V.S.O.P.: Live under the Sky"で在りし日のFreddieを偲ぶことにしよう。R.I.P.

2008年12月27日 (土)

今年一番聞いたCD

Stanley_music 今年のベスト盤について語る前に,今年一番聞いた音源は何だったのかについて書いてみたい。

これは数値的に本当にどうだとか,統計としてどうだとかは別として,あくまでも感覚的なものに過ぎないのだが,今年一番プレイバック頻度が高かったのはおそらくは"Bitches Brew" である。これはiPodに入れたからだというのが妥当な理由であるが,その次は何かと聞かれれば,私は自信を持ってPaolo Fresu Devil Quartetの"Stanley  Music"だと言いたい。

今年の新譜とは言えないこのアルバムではあるが,これは本当にカッコよいアルバムであった。今一度このアルバムの注目度が上がることを祈念しつつ,今年の最多プレイバック・アルバムの称号を本作に与えたいと思う。

私が心あるプロモーターなら,2009年に真っ先に招聘したいバンドはこのPaolo Fresu Devil Quartetである。FresuもFerraも最高である。誰か私に代って呼んでくれい。

ということで,このアルバムを私に知らしめたブログ・メイツの皆様に大いに感謝したいと思う。ありがとうございました。

2008年12月26日 (金)

耳より情報:Enrico Pieranunziのノルウェイ録音!

Oslo

通常営業再開である。老体に鞭打ってスキーをしたせいで筋肉痛だがそれはさておきである。でもちゃんと音楽を聞けるような状態ではない。電車でCDを聞いていても,即爆睡である。体は正直なのだ。

閑話休題。某ショップのサイトを見ていたら新譜情報として次のようなメンツによるアルバムが紹介されていた。

Terje Gewelt(b), Enrico Pieranunzi(p), Anders Kjellberg(ds)

アルバム・タイトルはノルウェイ録音だけに"Oslo"だそうである。このメンバーを見て食指が動く人は多いはずであるが,2009年1月のリリースのこの新作,Pieranunziとノルウェイって結構合いそうな気がする(Kjellbergはスウェーデンだから北欧か...)が,こればかりは聞いてみるまではわからないとしても,ちょっと期待してしまう。

同じようなタイミングで,Keith Jarrett,Enrico Rava,Marc Coplandなどもリリースされる予定であり,1月が今から楽しみになってきた。景気の厳しい中,財布の紐は固くと思いつつも,やはり冬は音楽シーズンであり,これは聞かずにはおれまい。これも音楽好きの「性」である。

2008年12月19日 (金)

Stanley Clarke:これ1枚でOKよ

Stanley_clarke "The Bass-ic Collection" Stanley Clarke(Epic)

このStanley Clarkeのベスト・アルバムを聞いていると私はつい燃えてしまう。だっていきなり"School Days"でっせ。燃えない方がおかしい。このアルバム,当時の新曲2曲入っているが,やはり"School Days"を含むStanley Clarkeのヒット・パレードと言うべき演奏の数々が楽しみである。

その中でやはりというか,このアルバムにはJeff Beckとの共演曲が4曲収められていて,Beckファンも嬉しくなってしまうはずである。ClarkeとBeckと言えば,双頭バンドで来日したこともあるぐらいだから,相性はそれなりにいいのだろうが,やはり本作でもそこに耳が行ってしまうリスナーは多いのだろうなぁ。私としてはBeckとの共演曲ではロック心が爆発する"Rock 'n' Roll Jelly"が一番燃える。何てたってドラムスはCarmine Appiceだしなぁ。

しかし,このアルバムで私が一番懐かしかったのは"Silly Putty"である。この曲,FM東京で日曜深夜にやっていた小林克也の「ナガオカワールドミュージック(?)」のエンディング・テーマだったはずのこの曲は,毎週のCashbox誌のチャートに関心を示していた自分の若き日を思い出させて,何とも郷愁を誘う。この番組を聞かないと,月曜日が迎えられなかったと言っては過言だが,それぐらいよく聞いていた。郷愁を誘うと言っても,曲はホーンもバリバリのファンク・チューンだから,ノスタルジーっていうのはちょっと変かもしれないが,それでもやっぱり懐かしいのである。

そのほかにもLouis Johnsonとのバトルあり,Clarke/Duke Projectありと飽きさせない。また,"Mothership Connection(Star Child)"で聞かれるドラムスはDennis Chambersだが,彼が昔から突出したドラマーだったことが,このコンピレーションの中でもわかるのが凄い。

いずれにしても,このアルバムを聞いていて思うのは,曲のほとんどが70年代から80年代前半の曲だということである。結局,ソロ・プレイヤーとして最もClarkeが輝いていたのはその頃ってことになるのだろうが、大いに楽しめるアルバムで,元気を出したいときにはいいねぇ。最近お疲れ気味の私にはぴったりのアルバムであった。星★★★★。

Personnel: Stanley Clarke(b, perc, vo), Jeff Beck(g), Ray Gomez(g), Bill Connors(g), David Sancious(key, g), George Duke(key, perc, vo), Bayete Todd Cochran(p, org), Jan Hammer(key),Louis Johnson(b, key, vo), Gerry Brown(ds, perc), John Robinson(ds), Dennis Chambers(ds), Steve Gadd(ds, perc), Kenny White(ds), Harvey Mason(ds), Darryl Brown(ds), Carmine Appice(ds), Tony Williams(ds), Airto(perc), Tom Scott(lyricon), Gerald Albright(ss), with Strings, Horns and Vocals

2008年12月18日 (木)

George Bensonのお買い得ライブ

Benson "Weekend in L.A." George Benson(Warner Brothers)

George Bensonは"Breezin'"がヒットして大スターになってしまったが,ボーカルはやや軽薄ささえ感じさせる瞬間があるのも事実であり,もっとギターに徹した方がいいのにと思っているファンも多いのではないだろうか。

そうは言っても,歌があるから売れたのだというのも事実であるから,それはそれでいいとして,このライブ盤はLP時代は2枚組だったものがCDでは1枚になっていて,ずいぶんと手頃な価格で買えるものになったが,歌半分,ギター半分みたいな感じで,どちらが好きなファンも納得できるまぁお買い得盤と言ってよいものである。

ライブだけに相応のドライブ感や盛り上がりを示していてなかなか私はこのアルバムが結構気に入っているのだが,選曲がまた何ともバラエティに富んでいて飽きないのである。例えば後にWhitney Houstonがヒットさせた"The Greatest Love of All"はMuhammad Aliの映画"The Greatest"の主題歌として,Bensonがオリジナルなのだが,このライブ盤でも再演していて,しっとりしたボーカルを聞かせる。その一方,あまりBensonに合っているようには思えないNeil Larsen作"Windsong"のようなインスト曲も入っている。まぁ収録曲はそのように玉石混淆と言ってしまえばその通りだが,"On Broadway"のようなヒット曲も入っているし,軽快に決めるタイトル曲もあるから,まぁ全体としてはよしとしよう。軽く聞き流すには最適なアルバムとして星★★★☆。メンツはレコーディングを意識してか,結構豪華である。

ちなみにこのアルバムが録音されたのはRoxyであるが,今や大スターのBensonがキャパシティ500人程度のこういう小屋で演奏することはもうないのかもしれないなぁ。また全くの余談だが,私はGeorge BensonをNew JerseyのNew Ark空港で見掛けたことがあるが,結構小柄なおっさんであった。ギターを抱えて結構シックないでたちだったが,人違いかな?

Recorded Live at Roxy on September 30, October 1 and 2, 1977

Personnel: George Benson(g, vo), Phil Upchurch(g), Ronnie Foster(key), Jorge Dalto(p, key), Stanley Banks(b), Harvey Mason(ds), Ralph McDonald(perc)

2008年12月17日 (水)

滋味あふれるギター・デュオ

Hemispheres "Hemispheres"  Jim Hall & Bill Frisell(Artist Share)

Jim Hallと言えば昔から若年寄的な風貌や,決して派手さがない音楽性もあり,「地味」という形容こそがぴったりの人である。今回のBill Frisellと組んだこの2枚組も滋味あふれるという表現がぴったりのこれまた渋いアルバムと言える。

このアルバム,某CDショップ通販でこのレーベルにしては安い値段で売られていて思わず購入してしまったのだが,一聴して地味ながら,やはり一筋縄ではいかない要素にもあふれている。2枚組のうちディスク1はHallとFrisellの完全デュオ,ディスク2はリズムを加えたクァルテットで演じられているが,特に一筋縄でいかないのがディスク1のデュオである。

何ともアンビエントな出だしから思わず,「おぉっ,Frisellじゃ~」と思わせるが,エフェクターも駆使した微妙なアンビエンスの中をHallのギターが泳ぐという感じだろうか。そうした中で演じられる"Bag's Groove"の方が異色に響く。ついでにDylanの"Masters of War"ってのはどういう選曲かと思ってしまうが,どちらにしてもなかなか不思議な感覚に満ちたディスク1である。

一方のディスク2はリズムも加わり,かなりオーセンティックな響きが強く,ディスク1とはかなりのギャップがあるが,どちらがHall大先生らしいかと言えば,もちろんこちらの方である。ソロのフレージング,バックのカッティングなど,誰がどう聞いてもHallである。ディスク1は老いてもクリエイティビティを失わずという感じなのはよくわかるが,やはり安心して聞けるのはディスク2の方である。Frisellもディスク2ではアンビエント・モードは控えめに,ちゃんとギタリストしているし,リズムの二人もツボを抑えたバッキングで大変結構である。特にScott Colleyのベースが妙に生々しく響くように感じたのは私だけだろうか。

ということで,ディスク1と2で結構違いがあって,若干とまどうものの,Jim Hallという御仁がまだまだ現役バリバリであることを実証した佳作である。星★★★★。

それにしてもFrisellのギターがテレキャスターってのは知らぬこととは言え,意外だった。私もエレキはテレキャスだが,あんな音は絶対出ないなぁ。

Disc 1 Recorded between July and December 2007

Disc 2 Recorded on September 9th, 2008

Personnel: Jim Hall(g), Bill Frisell(g), Scott Colley(b), Joey Baron(ds)

2008年12月15日 (月)

Mainieri Quintet名義ながら裏Steps(Ahead)と言っても過言ではない

7th_avenue_south "Live at Seventh Avenue South" Mike Mainieri Quintet (NYC)

本作が録音されたSeventh Avenue SouthはBrecker Brothersが経営していたクラブらしいが,私がNYCに在住していた頃には既に閉店していたから,どんな場所だったかは想像するしかない。しかし,このアルバムからもうかがえるように,どちらかというとフュージョン系ミュージシャンが集ってはギグを展開する場所だったのだろうなぁと思わざるをえない。

このアルバムであるが,Mike Mainieri Quintetと名乗ってはいるが,コンセプト的にはほとんどSteps(あるいはSteps Ahead)と言っても過言ではない。メンツ的にもいかにもそれっぽいのだが,珍しいのはドラムスが当時はまだまだ新人のOmar Hakimってところか。でもHakimにしても,Bob Mintzerにしても,トラで入りましたって言われたらそうかもなぁと思わせるのである。

いずれにしても,このメンツにしていかにもというサウンドが展開されており,Steps(Ahead)のファンは間違いなく気に入るタイプの音楽である。ミキシングのバランスが悪いとか,音がよくないとか文句のつけようはいくらでもあるのだが,このアルバムが録音された1981年という時代のNYCのダウンタウンを確実に切り取った音と言えるのではないだろうか。私がNYCにいたのはこのアルバム録音からほぼ10年後であるが,その頃はハイブラウなフュージョンはなかなか聞けなかったような気がする。こういうのも聞いてみたかったなぁ。

このアルバム,今でもMainieriが主宰するNYCレコードのサイトでは簡単に手に入るので,Stepsのファンで未聴の方は今からでも聞いてみればよいだろう。私は基本的にMainieri一党がやっている音楽が嫌いではないし,Stepsファンでもあるので,十分星★★★★は付けられる作品である。埋もれさせるには惜しいと思う。

Personnel: Mike Mainieri(vib), Bob Mintzer(ts, ss, b-cl), Warren Bernhardt(p, key), Eddie Gomez(b), Omar Hakim(ds)

2008年12月14日 (日)

超ハイコスト・パフォーマンス!資料としても貴重な素晴らしきジャズ本

Three_wishes "Three Wishes: An Intimate Look at Jazz Greats" Pannonica De Koenigswater

ブログのお知り合い,すずっくさんがご紹介されていた本であるが,ペーパーバックということで,あの一般的なペラペラ紙の本が届くと思っていたら,とんでもない。歴史的にも貴重と思える写真満載,装丁もしっかりした素晴らしい本ではないか。

この本はジャズ界のパトロンとして有名なパノニカ男爵夫人がジャズマンに3つの願いを聞いたものをコンパイルしたものであるが,その答えからジャズマンの性格みたいなものも読み取れて,何とも興味深い本である。こんな素晴らしい本が2,000円もしないで手に入るなんて,これは年末の大変嬉しい出来事となった。ご紹介頂いたすずっくさんにはこの場を借りて御礼を申し上げたい。

3つの願いという質問に対して,"Money"とストレートに答えるミュージシャンが結構多いのはご愛嬌であるが,その中でDuke Ellingtonの答えはさすが偉人と思わせる。

"My wishes are very simple. I just want nothing but the best."

うーむ。深い。それに比べてMiles Davisの"To be a white."というのには大いに笑えた。Michale Jacksonかっ!と思わずツッコミを入れたくなった私である。

まだ全部読んだわけではないが,この本でしばらくは楽しめそうである。全ジャズ・ファン必携,必読の好著。星★★★★★。しょうもないSJというイニシャルの雑誌を読んでいるよりも,ずっと面白くてためになること請け合いである。

2008年12月13日 (土)

温故知新:Wes Montgomeryと言えばこれしかあるまい

Wes "Full House" Wes Montgomery(Riverside)

Wes Montgomeryと言えば,A&MやVerve期のイージー・リスニング路線もそれなりに魅力的ではあるものの,ジャズ的なスリルと言う観点では,このアルバムを上回る作品はないと断言してしまおう。

本作は言わずと知れた,WesがMiles Davisのリズム隊とJohnny Griffinを迎えて吹き込んだライブ盤の傑作である。オクターブ奏法を交えながら熱く燃えるWesのアドリブ,豪快なGriffinのブロー等,これこそジャズの醍醐味というべき要素が目一杯に詰まっている。録音も生々しさに溢れ素晴らしいが,これがBerkeleyというジャズとあまり縁が濃いとは言えない場所で録音されたことはちょいと意外ではある。しかし場所なんて関係ない。これを一期一会というのである。

私もギタリストのはしくれであるが,Wesのプレイを聞いていると,ギターを弾くのをやめたくなる。しかも彼は譜面が読めなかったなんて信じられない。Wesとの共演作もあるJimmy Smithもそうらしいのだが,そうなると譜面なんて読めなくたって関係ないじゃんと言いたくもなる。それにしても凄い。

いずれにしてもこのアルバムには流し聞きは不可能。かかっていればつい傾聴してしまう星★★★★★以外にありえぬ永久不滅の傑作である。このアルバムを聞いて燃えなければ,ジャズとは縁がないと言い切ってしまおう。最高である。

Recorded Live at "Tsubo"  on June 25, 1962

Personnel: Wes Montgomery(g), Johnny Griffin(ts), Wynton Kelly(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds)

より以前の記事一覧

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)