2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 温故知新:Wes Montgomeryと言えばこれしかあるまい | トップページ | Mainieri Quintet名義ながら裏Steps(Ahead)と言っても過言ではない »

2008年12月14日 (日)

超ハイコスト・パフォーマンス!資料としても貴重な素晴らしきジャズ本

Three_wishes "Three Wishes: An Intimate Look at Jazz Greats" Pannonica De Koenigswater

ブログのお知り合い,すずっくさんがご紹介されていた本であるが,ペーパーバックということで,あの一般的なペラペラ紙の本が届くと思っていたら,とんでもない。歴史的にも貴重と思える写真満載,装丁もしっかりした素晴らしい本ではないか。

この本はジャズ界のパトロンとして有名なパノニカ男爵夫人がジャズマンに3つの願いを聞いたものをコンパイルしたものであるが,その答えからジャズマンの性格みたいなものも読み取れて,何とも興味深い本である。こんな素晴らしい本が2,000円もしないで手に入るなんて,これは年末の大変嬉しい出来事となった。ご紹介頂いたすずっくさんにはこの場を借りて御礼を申し上げたい。

3つの願いという質問に対して,"Money"とストレートに答えるミュージシャンが結構多いのはご愛嬌であるが,その中でDuke Ellingtonの答えはさすが偉人と思わせる。

"My wishes are very simple. I just want nothing but the best."

うーむ。深い。それに比べてMiles Davisの"To be a white."というのには大いに笑えた。Michale Jacksonかっ!と思わずツッコミを入れたくなった私である。

まだ全部読んだわけではないが,この本でしばらくは楽しめそうである。全ジャズ・ファン必携,必読の好著。星★★★★★。しょうもないSJというイニシャルの雑誌を読んでいるよりも,ずっと面白くてためになること請け合いである。

« 温故知新:Wes Montgomeryと言えばこれしかあるまい | トップページ | Mainieri Quintet名義ながら裏Steps(Ahead)と言っても過言ではない »

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

げっ!はやいなあ。

年末年始のお楽しみでなかった?
あとで、トラバしよう。。
一人日本酒呑みながら、ペラペラめくると最高かも。

すずっくさん,おはようございます。

私にとってはちょいと早いクリスマス・プレゼントみたいなもんでしょうか?飛ばし読みも熟読も可能な楽しい本です。すずっくさんがご紹介されていなかったら,私のレーダー・スクリーンには引っ掛からなかった本だと思います。繰り返しになりますが,ご紹介ありがとうございました。TBお待ちしております。こちらからもTBさせて頂きますね。

この本は偶然の賜なのです。
私には「豚に真珠」。。。
でも、やっぱり、買っちゃう所が、、スズニカです。(笑)
こちらからもトラバしました。

すずっくさん,偶然であろうがなんであろうが,この本と出会えたことは幸せなことです。これもひとえにすずっくさんの人徳ですねぇ。ぜひ「スズニカ」道を邁進して下さい。

いずれにしてもこの本は面白いです。

こんにちは。
ほんとだ!
おもしろそ〜〜

でも英語なんですよね…

マイルスが白人になりたい っていうのは分かりました(笑)
そうなんだぁ〜(^-^)マイルス。

Marlinさん,こんばんは。まぁ,こちらは英語版ですけれども,所詮は3つの願いしか書いていませんから,凄くわかりやすいですし,翻訳しない方が雰囲気が出るって気もします。

Dukeの言葉,深いですよねぇ。日本語にしたら,この雰囲気出ませんよ,多分。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/43410068

この記事へのトラックバック一覧です: 超ハイコスト・パフォーマンス!資料としても貴重な素晴らしきジャズ本:

» ☆3つの願い☆ [MySecretRoom]
今日から秘密のお部屋は五年目に突入です。丁度四年前のこの日はじめてブログに書いた記事をウエブ上に公開してみました。その暫く前から興味があったイタリアンハードバップの話題。2004年12月08日イタリアンハードバップ!30行に満たない文章でしたぁ。(かわいいィ)...... [続きを読む]

« 温故知新:Wes Montgomeryと言えばこれしかあるまい | トップページ | Mainieri Quintet名義ながら裏Steps(Ahead)と言っても過言ではない »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)