2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« "Boys of Summer"1曲にやられてしまう | トップページ | George Bensonのお買い得ライブ »

2008年12月17日 (水)

滋味あふれるギター・デュオ

Hemispheres "Hemispheres"  Jim Hall & Bill Frisell(Artist Share)

Jim Hallと言えば昔から若年寄的な風貌や,決して派手さがない音楽性もあり,「地味」という形容こそがぴったりの人である。今回のBill Frisellと組んだこの2枚組も滋味あふれるという表現がぴったりのこれまた渋いアルバムと言える。

このアルバム,某CDショップ通販でこのレーベルにしては安い値段で売られていて思わず購入してしまったのだが,一聴して地味ながら,やはり一筋縄ではいかない要素にもあふれている。2枚組のうちディスク1はHallとFrisellの完全デュオ,ディスク2はリズムを加えたクァルテットで演じられているが,特に一筋縄でいかないのがディスク1のデュオである。

何ともアンビエントな出だしから思わず,「おぉっ,Frisellじゃ~」と思わせるが,エフェクターも駆使した微妙なアンビエンスの中をHallのギターが泳ぐという感じだろうか。そうした中で演じられる"Bag's Groove"の方が異色に響く。ついでにDylanの"Masters of War"ってのはどういう選曲かと思ってしまうが,どちらにしてもなかなか不思議な感覚に満ちたディスク1である。

一方のディスク2はリズムも加わり,かなりオーセンティックな響きが強く,ディスク1とはかなりのギャップがあるが,どちらがHall大先生らしいかと言えば,もちろんこちらの方である。ソロのフレージング,バックのカッティングなど,誰がどう聞いてもHallである。ディスク1は老いてもクリエイティビティを失わずという感じなのはよくわかるが,やはり安心して聞けるのはディスク2の方である。Frisellもディスク2ではアンビエント・モードは控えめに,ちゃんとギタリストしているし,リズムの二人もツボを抑えたバッキングで大変結構である。特にScott Colleyのベースが妙に生々しく響くように感じたのは私だけだろうか。

ということで,ディスク1と2で結構違いがあって,若干とまどうものの,Jim Hallという御仁がまだまだ現役バリバリであることを実証した佳作である。星★★★★。

それにしてもFrisellのギターがテレキャスターってのは知らぬこととは言え,意外だった。私もエレキはテレキャスだが,あんな音は絶対出ないなぁ。

Disc 1 Recorded between July and December 2007

Disc 2 Recorded on September 9th, 2008

Personnel: Jim Hall(g), Bill Frisell(g), Scott Colley(b), Joey Baron(ds)

« "Boys of Summer"1曲にやられてしまう | トップページ | George Bensonのお買い得ライブ »

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

連続投稿記録更新中。coldsweats01
>Frisellもディスク2ではアンビエント・モードは控えめに,ちゃんとギタリストしているし,
これは大笑いでした。
すみません、変な所に受けちゃって。
ビルフリって、本当に個性的ですよね。
彼とデュオって、ホント不思議な世界になりますよね。
相手が超絶なほど面白いです。ええとね、、酔拳みたいにフラフラと相手のパワーをヌラリする感じね。
コレ、お正月くらいには届くはずです。
クリスマスでめいっぱいなので、ハレルの新譜の予約と一緒にしちゃった。

すずっくさん、毎度コメントありがとうございます。

確かにFrisellって個性派ですよね。私としてはBass Desiresが本当の好みですが、これも楽しめました。

臼杵からご連絡しました。

TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきます。

Artistshareのレーベルは、通常のレーベルではできないこともやってくれるので、こういうアルバムが実現したのだと思いますが、それにしても地味なアルバムですねえ(特に1枚目)(笑)。

ただ、2人のアルバムをそれぞれ追っかけしている身としては、こういう演奏こそが聴きたかったのですね。2枚目のクァルテットの方も、スタンダードなどを多めに演奏してますけど、やっぱり派手さはないですね。そんなアルバムですが、個人的に好きではあります。

910さん,こんにちは。TBありがとうございます。

私も結構Hallの長年のファンですし,Frisellも好きですので,やはりこのコンビには注目してしまいますよね。

ある意味,想定していた通りの音とも言えますし,ディスク1はそれでもここまでやるかという感じですし,やはりいい意味で普通じゃないですね。

TBさせていただきます。

地味か?と言われると反論できませんが..
一筋縄ではいかないと言われれば、御意と大きく頷きます。

おっしゃる通り、1枚目と2枚目で違いが大きいので、別アルバムでも良かったんじゃないの??とも思いました。

個人的には1枚目が↑と感じましたが、それぞれにそれぞれの良さが感じられる、奥の深いアルバムだと思っております。

oza。さん,こんばんは。コメント,TBありがとうございます。

どっちのディスクが好きかというのは難しい質問ですね。どっちもいいですから。まぁ,でも私はなんだかんだと言って楽しんでますね。星★★★★ですし...。

こちらからもTBさせて頂きます。

こんにちは。
二日酔には、、この1枚目、、ぴったりでしょうがぁ。。

楽しいお酒だったの?
良いな。。

トラバしましたよン。
あ、わたくしは、1枚目が好きです。
二枚目も良いけどネ。

すずっくさん,こんにちは。二日酔いから立ち直れません。

1枚目と2枚目,どちらが好きかは体調にもよるのではないかと思います。今日の私の体調ならばディスク1ですね。

ところでTBが入っていないようなのでリトライして下さいね。

トラバしなおしたよぉ。。
どうですか?
工藤さんところも駄目でした。。

すずっくさん,今回はOKです。公開しましたよん。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/43431166

この記事へのトラックバック一覧です: 滋味あふれるギター・デュオ:

» Hemispheres/Jim Hall [ジャズCDの個人ページBlog]
ジム・ホールとビル・フリゼールのデュオがCD1枚目、ベースとドラムスを加えたクァ [続きを読む]

» Jim Hall / Bill Frisell Hemispheres [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Jim HallとBill Frisellの共演盤です。 Jim Hallは、積極的に最近のFUSION系大御所ギタリストとDUOを作ろうとしているんでしょうかね。 pat methenyとのDUO盤に続く2作目(だと思う)にBill Frisellときました。次は、john scofield、John Mclaughlinあたりになるんでしょう(笑) この盤は2枚組になっていまして、1枚目は2人だけ、2枚目はベースとドラムが加わって4人での演奏となっています。 DISC1 : ..... [続きを読む]

» Hemispheres/JimHall&BillFrisell [MySecretRoom]
5月が終わった、、って、呟いていたら、、虫歯の日もあっという間に過ぎ(爆)、6月も雨ザーザーの日になちゃった。梅雨はいつ来るのかな。。今朝は薄曇り。静かな土曜の朝なはずなのですが。。すぐ近くで、新築工事が始まって、トントントン、、トントントン、、カツカ...... [続きを読む]

« "Boys of Summer"1曲にやられてしまう | トップページ | George Bensonのお買い得ライブ »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)