最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Bireli Lagreneのフュージョン作:1曲目の軽さに戸惑う | トップページ | Mavis Staplesの新作は熱いライブ盤 »

2008年11月14日 (金)

Jeff Beckの新作はまたまたライブだが,前作と何が違うねん?

Beck ゛Performing This Week: Live at Ronnie Scott's" Jeff Beck (Eagle Rock)

Jeff Beckの新作がいきなりの登場であるが,ロンドンの名門ジャズ・クラブ,Ronnie Scott'sでのライブというのにまず驚かされる。クラブでBeckを見られるなんていいよなぁ。日本ではそもそも考えられないではないか。そこでのライブの模様を収めたものであるが,これがちょいと微妙である。

何分,Jeff Beckの日本における前作は"Official Bootleg USA '06"(前作のレビューはこちら)であるが,それはそもそもコンサート会場やWebサイトで販売されていたものをマーケットに出したものである。よって,そんなに流通量はないのかもしれないが,それでも今回の新作は前作との曲のかぶりがあまりに多過ぎるのである。確かにベーシストはThe WhoでもプレイするPino Palladinoから小柄ながらエネルギッシュなベースを弾くTal Wilkenfeld嬢に代わっているが,演奏のトーンや雰囲気に大きな違いはないので,前作を買ってしまったファンにとっては,敢えてこれをまた買うかというとこれはかなり微妙であろう。Vinnie Colaiutaは前作よりずっとタイトでいいと思うが,録音のバランスがギターに偏り過ぎで,そのパワーの全貌を捉えられているかというとそれもちょっと微妙である。

まぁこのアルバムの演奏の模様はDVDでも発売されるようだから,敢えてこのCDを買うならば,DVDを購入した方がよいだろう。このバンド,特にJeff BeckのカッコよさはCrossroad FestivalのライブDVDでのたった2曲の演奏だけでも実証されているから,彼らだけの演奏をフルに楽しめるなら私もDVDを買ってもいいかなと思う。ということで,演奏そのものはかなり荒っぽいところもあるが,相変わらずのカッコよさで,音源としてだけ考えれば,前作同様星★★★☆ぐらいだろう。しかし,消費者の弱みにつけこむような音源のリリースの仕方は糾弾したくなるよなぁ。

Recorded Live at Ronnie Scott's in London between November 27 and December 1, 2007

Personnel: Jeff Beck(g), Tal Wilkenfeld(b), Vinnie Colaiuta(ds), Jason Rebello(key)

« Bireli Lagreneのフュージョン作:1曲目の軽さに戸惑う | トップページ | Mavis Staplesの新作は熱いライブ盤 »

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。

ほとんど、Tal Wilkenfeld買いだったのですが、この前に1枚出ていたんですね。(シリマセンデシタ)

結果的にVinnie Colaiutaでノケぞったのが印象的な1枚でした。

逆TBさせていただきます。

oza。さん,TBありがとうございます。

前作のベースはTal Wilkenfeldではありませんので,念のため。

Vinnie Colaiutaはこちらの作品の方が私はずっと良かったと思っています。

まぁそれよりも何よりも還暦過ぎてもとんがりまくりのJeff Beckが一番強烈ですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/43096033

この記事へのトラックバック一覧です: Jeff Beckの新作はまたまたライブだが,前作と何が違うねん?:

» JEFF BECK Performing This Week: Live At Ronnie Scotts [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Jeff Beckのライブ盤で、2008年11月頃に発売されたもの。 もう、約1年半前に紹介したこのアルバム(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2007/08/07)の主役のオネーちゃんが、Jeff Beckバンドのベーシストに就任したのもこの頃だったので、いまだに続いているというのは相当気に入られているんでしょう。 ということで、彼女の入ったJeff Beckバンドの演奏を聴いてみたいと漠然と考えてたら、価格がかなり安かったのでそのまま購入..... [続きを読む]

« Bireli Lagreneのフュージョン作:1曲目の軽さに戸惑う | トップページ | Mavis Staplesの新作は熱いライブ盤 »

Amazon検索

2017年おすすめ作