2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Mavis Staplesの新作は熱いライブ盤 | トップページ | 出張はつらいよ:オーランド編 »

2008年11月16日 (日)

名曲"Kiss from a Rose"にやられるJulia Hulsmann

End_of_a_summer_2 "The End of a Summer" Julia Hulsmann (ECM)

何ともECMテイストに溢れた新作ピアノ・トリオの登場である。Julia Hulsmannというピアニストは初めて聞いたが,ドイツの女流ピアニストとのこと。このサウンドが彼女の音楽性の本質なのかどうかはわからないが,ECMというレーベル・カラーにフィットしたサウンドには嬉しくなるECMファンが多いのではないだろうか。

全10曲中,6曲がリーダー,1曲がベースのMuellbauer,2曲がドラムスのKobberingのオリジナルで,それらもそれなりに聞き応えはあるのだが,私が参ってしまったのがSealの名曲"Kiss from a Rose"である。この曲が映画"Batman Forever"で使用され,グラミーを受賞したのは1995年のことになるが,しばらくぶりにこの曲を聞いて,曲の力を再認識した次第である。Sealのボーカルは若干くせがあってやや好き嫌いはわかれるが,インストで演奏されるとこれはたまらん。正直言ってほかの曲がかすんで聞こえてしまった。これはやはりこの曲の持つメロディ・ラインの魅力に依存するところ大である。しばらく前のヒット曲であるこの曲をなぜHulsmannが今になって取り上げたのは謎だが,このアルバムの魅力を高めるのにこの選曲は少なくとも私にとっては貢献したと言ってよい。

"Kiss from a Rose"ばかりほめているようだが,実はこのアルバム,冒頭にも書いたとおり,ECMテイストはかなり強い(即ち,本質的にはクールで静謐であり,ダイナミズムを求めてはいけない)から,この筋の音楽好きは"Kiss from a Rose"がなくても気に入るはずである。私としては最近のECMレーベルのアルバムではかなり好きな部類のアルバムである。星★★★★。でもやはり"Kiss from a Rose"にやられた私である。

Recorded in March 2008

Julia Hulsmann(p), Marc Muellbauer(b), Heinrich Kobberling(ds)

« Mavis Staplesの新作は熱いライブ盤 | トップページ | 出張はつらいよ:オーランド編 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

ECM系の中でも、けっこう分かりやすくて情感にせまるピアノ・トリオでした。これは売れているんじゃないかなあ、と思います。以前どこかで賞をとって、その筋では有名な人らしいですが、私はこのECM盤が初体験でした。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。ちょいと出張中のため,返信が遅くなりました。確かにこのアルバムが聞きやすい方に入るのは事実ですが。最近ますます神出鬼没って感じもしますね。

ではまた。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/43116755

この記事へのトラックバック一覧です: 名曲"Kiss from a Rose"にやられるJulia Hulsmann:

» The End Of A Summer/Julia Hulsmann Trio [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜聴き。このところ新譜がけっこう発売されているのですが、なかなか [続きを読む]

« Mavis Staplesの新作は熱いライブ盤 | トップページ | 出張はつらいよ:オーランド編 »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)