最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 開店休業 | トップページ | 懐かしのPat Metheny Groupとの初邂逅盤 »

2008年11月30日 (日)

ECMならではの組み合わせ

Solstice "Solstice" Ralph Towner(ECM)

 以前,このブログでJack DeJohnetteのSpecial Editionを取り上げたときにもメンツの妙(記事はこちら)と書いたことがあるが,このアルバムもECMらしい組み合わせが楽しめる好アルバムである。そもそも私はRalph Townerのファンであるから,それだけでもOKなのだが,このアルバムはECMオールスターズと言ってもよい組み合わせであり,このメンバーならではの演奏が楽しめるから尚よい。

当時のECMは契約ミュージシャンの組み合わせをさまざまに変更することによって,レギュラー・グループとは異なるケミストリーを生み出していたと言っても過言ではないが,このアルバムもそうしたシリーズの一つと言ってよいだろうが,このアルバムが好評だったのだろう。同じメンバーで続編"Sound And Shadows"が制作されたことは珍しい事例である。しかし,それもうなずけるぐらい,ここではECMらしいサウンドが楽しめる。

相変わらず,Townerの12弦ギターの響きは美しく,Garbarekとのデュオを聞かせるクラシック・ギターでは幽玄さを醸し出している。また,Garbarekがこれだけフルートを聞かせるのも最近では例がないと言えるだろう。フロントの彼らを支えるリズムのWeber,Christensenもいかにもという伴奏ぶりで思わず嬉しくなってしまうのである。

私にとってのTownerの最高傑作は"Solo Concert"であることには間違いないが,このアルバムもプレイバック頻度がかなり高いアルバムである。ハイライトは冒頭の長尺"Oceanus"のスリリングな響きだと思うが,それだけに留まらず,全編を通じて,ECMの美学が詰まったアルバムと言うことができるだろう。星★★★★☆。やっぱりいいわ。

Recoreded in December 1974

Personnel: Ralph Towner(g, p), Jan Garbarek(ts, ss, fl), Eberhard Weber(b, cello), Jon Christensen(ds, perc)

« 開店休業 | トップページ | 懐かしのPat Metheny Groupとの初邂逅盤 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

コメント

なんだか、お久しぶりです。
この記事読んで聴きたくなって、今かけてます。

外は暗く荒れてて、なんとなくぴったりです。明日から12月ですね。

すずっくさん,こんばんは。

ECMと言えば録音はノルウェーが多いですからね。北欧の厳しい冬もこのサウンドに影響を与えているかもしれません。音楽に集中せざるをえない環境ですしねぇ...。

でもやっぱりいいですよね,このアルバム。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/43268870

この記事へのトラックバック一覧です: ECMならではの組み合わせ:

« 開店休業 | トップページ | 懐かしのPat Metheny Groupとの初邂逅盤 »

Amazon検索

2017年おすすめ作