2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 意欲作=傑作とは限らない | トップページ | Jeff Beckの新作はまたまたライブだが,前作と何が違うねん? »

2008年11月13日 (木)

Bireli Lagreneのフュージョン作:1曲目の軽さに戸惑う

Bireli_lagrene "Electric Side" Bileri Lagrene(Dreyfus)

結構前に入手していたのだが,アップするのに随分と時間が掛かってしまったアルバムであるが,まだ新譜扱いとしてよかろう。私はBireliのアルバムはVic Jurisとのアコースティック・デュオぐらいしか持っていないのだが,お知り合いのブロガーの皆さんが取り上げられているのにつられて購入したものである。

そのアコースティック・デュオとは全く趣の異なるエレクトリック・アルバムなのだが,このアルバム,1曲目゛Hips゛のあまりにポップで軽い乗りに幻惑されて,私は結構戸惑ってしまったのである。このメロディといい,ギターのカッティングといい,ちょいと古臭過ぎやしないか。表現は悪いが,まるで80年代のライト・フュージョンのようなのだ。この1曲が私にとってはこのアルバムのイメージを悪くしているような気がしてならないのだが,その後は持ち直してくるのでまぁいいか。

Bireli Lagreneという人は決してハード・フュージョンにはならないし,ハイブラウという感じでもない。やはり全体的な乗りが軽い。この軽さはドラムスの録音具合にもよるような気もするが,欧州系レーベルのフュージョンというのは,こういう軽い感じが多いようにも感じるなぁ。それでも皆さんも注目するベースのHadrien Feraudの参加によって,このアルバムはベースを聞いていると,ほかのことがあまり気にならないという何とも不思議な効果をもたらしている。Bireliには悪いが,ついついHadrien Feraudのベース・ラインに耳が行ってしまうのである。速射砲のごときフレーズやきめきめのユニゾンでプレイされれば,そりゃそうなるのが人情である。おそらくはFeraudの参加なかりせば,このアルバムはそんなに注目を集めなかったのではなかろうか。ベーシストが一番注目されてしまうというのはどうなのよという気がしないでもないが,このアルバムの聞き方としてはそれが一番楽しめるかもしれない。

ということで,音楽全体を聞いているのか,Feraudのベースだけを聞いているのかよくわからないが,そのせいでAndy Narrellの影が薄いこと甚だしいと言っては言い過ぎか。また,どうせDJを入れるならば,もう少し徹底してヒップホップしてもらいたかった。なんか文句ばかり言っているようだが,それでもHadrien Feraudは聞き物なのである。全体の評価としては星★★★ってところだろう。でもやはり1曲目は...と微妙な私である。

Recorded on January 9 -12, 2008

Personnel: Bireli Lagrene(g), Hadrien Feraud(b), Franck Wolf(ss, ts), Andy Narrell(steelpans), Daniel Schmitt(ds), DJ Afro Cut-Nanga(DJ, turntables, samples, FX), Michael Lecoq(key)

« 意欲作=傑作とは限らない | トップページ | Jeff Beckの新作はまたまたライブだが,前作と何が違うねん? »

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。

>音楽全体を聞いているのか,Feraudのベースだけを聞いているのか
というのは、実はかなり近いものがあって(汗)
でも、そうなっちゃうほどにHadrian Feraudは良い仕事してるんじゃないでしょうか

逆TBさせていただきます。

私もアドリアン・フェロー買いとはっきり明言してあるので、あとはどうでもいい、と言ってしまったら暴論になってしまうのですが(笑)、彼の参加で全体のサウンドも持ち上がってきたのではないか、と思っています。彼がいなかったら出会うことがなかったアルバムだったと思います。

TBさせていただきます。

oza。さん,910さん,ありがとうございます。

やはり皆さんHadrian Feraudだったんですんねぇというのが,改めてわかるコメントですね。確かに大したプレイヤーですから,これからも要注目ということだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/43095454

この記事へのトラックバック一覧です: Bireli Lagreneのフュージョン作:1曲目の軽さに戸惑う:

» Bireli Lagrene Electric Side [JAZZとAUDIOが出会うと...]
Bireli Lagreneと言うと、ジプシープロジェクトと言うほどに、ここ最近はオールドスタイルの 演奏に終始していたわけですが、元々はjaco pastoriusと共演していたほどに、ノリノリの演奏をしていた方なのでありました。 元々々は、ジャンゴの再来と言われた神童ではありましたが.. ここ7〜8年ジプシーな活動を続けていたので、そろそろ違う演奏も聴いてみたいと薄々感じていたら、強力なFUSION作品のリリース情報を得まして、即効買いを決めた次第であります。 メンツは以下の..... [続きを読む]

» Electric Side/Bireli Lagrene [ジャズCDの個人ページBlog]
実はビレリ・ラグレーンのアルバムはほとんど追いかけてなくて、今回買った理由という [続きを読む]

» Bireli Lagrene / Electric Side [雨の日にはJAZZを聴きながら]
ジプシーの血を引くフランス人ギタリスト、ビレリ・ラグレーンのエレクトリック・フュージョンに取り組んだ最新作。 2001年に“ Gypsy Project ”を結成してからは、マヌーシュ・スイング系のミュージシャンとの活動に軸足を置いていたので、ジプシー・スイングが苦手な僕は、しばらく疎遠になっていた。しかし今回、彼にしては比較的珍しいフュージョン作品であり、しかも超馬鹿テク・ベーシスト、エドリアン・フェローが参加していることもあり購入してみた。 ビレリが現在までにフュージョンを手掛けた作品は、知... [続きを読む]

« 意欲作=傑作とは限らない | トップページ | Jeff Beckの新作はまたまたライブだが,前作と何が違うねん? »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)