2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 楽器編成ゆえに山下トリオのように響くフリー・ジャズ作 | トップページ | 出張中に見た映画:08/11編(2) »

2008年11月19日 (水)

出張中に見た映画:08/11編(1)

Wanted 「ウォンテッド(Wanted)」 ('08,米,Universal)

監督:Timur Bekmambetov

出演:James McAvoy, Morgan Freeman, Angelina Jolie, Terence Stamp

毎度おなじみ出張中に見た映画シリーズである。実は今回の出張においては,JALのエンタテインメント・リストを見ていて,どうも食指が動かないなぁということで期待していなかったのだが,結果は追々明らかにしていくとして,今日はその一本目である。

この「ウォンテッド」,日本ではここに掲示したポスターの如く,Angelina Jolieが主役のような扱いだが,この映画の主役はあくまでもJames McAvoyである。まぁそれだけでは集客が難しいかもしれないが,いずれにしても,それなりの役者は揃っている。何てたって,私が結構ひいきにしているTerence Stampまで出ているのだ。

しかし,映画としてははっきり言って,これはくずのような映画である。話は無茶苦茶,映像はまるでルパン3世のアニメの世界を実写にしたような荒唐無稽具合である。あれはアニメだからいいのであって,実写でやられてもさめるだけである。そもそもの話が漫画的というか,こういうありえない世界ばかり描いているようでは,米国の映画がどんどん駄目になっていっていることを明らかにするだけのように思えてならない。

この映画を見て,面白いという人間がどれぐらいいるのかまったくわからないし,Angelina Jolieも全然魅力的に見えないし,いつものセクシーさにも欠ける。大体Morgan FreemanやTerence Stampまで揃えてこれかいっ!と悪態の一つもつきたくなるような大愚作。大体何を好んでこの役者たちはこんな愚作に出るのを承知したのだろうか。こんな作品は星★で十分である。それにしてもくだらない。ロシア人と思しき監督も今後無視してよかろう。完全な時間の無駄。

« 楽器編成ゆえに山下トリオのように響くフリー・ジャズ作 | トップページ | 出張中に見た映画:08/11編(2) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画:08/11編(1):

« 楽器編成ゆえに山下トリオのように響くフリー・ジャズ作 | トップページ | 出張中に見た映画:08/11編(2) »

Amazon検索

2018年おすすめ作