2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« JD Souther:何と25年振りだそうだが,これはかなり微妙。 | トップページ | Sarah Palinの悪あがき:SNL出演とは笑止千万 »

2008年10月20日 (月)

待望!Rachael Yamagataのセカンド・アルバム

Elephants "Elephants...Teeth Sinking Into Heart" Rachael Yamagata (Warner Brothers)

あの傑作デビュー・アルバムから4年,Rachael Yamagataのセカンド・アルバムはメジャーのWarner Brothersからであるが,こんなアルバムをレーベル初作にして大丈夫なのかと思わせるイメージを持つアルバムである。

このアルバム,オリジナルは2枚組で1枚目が"Elephants",2枚目が"Teeth Sinking Into Heart"というコンセプチュアルな作りになっているのだが,日本盤はRachaelが曲順を変更して敢えて1枚ものとして発売されている。私が購入したのは輸入盤の2枚組であるが,どちらがいいのかは微妙としても,Rachaelやプロデューサーの意図を理解するためには私は輸入盤の方がいいと思う。

ではなぜ微妙なのか。1枚目の"Elephants"はストリングスも交えたかなり静謐系の内省的サウンドであるのに対し,2枚目の"Teeth Sinking Into Heart"はロック的なバンド・サウンド主体であるからである。この1枚目がある意味ではかなり「暗い」と思われても仕方がないところがあり,これを1枚続けて聞かされると辟易としてしまうリスナーがいても不思議ではない。よって,曲順を変えてある程度メリハリをつける国内盤のやり方もありだとは思わされるのである。しかし,私のように1枚目の内省的な音楽にも強い魅力を感じる人間にとっては,やはり輸入盤仕様でも全く問題ない。面倒なのはディスクを代える手間だけである。iPodに突っ込んでしまえば,それも問題にならない。1枚目のサウンドは私が結構ひいきにしているRay LaMontagneとの連関性も見出せる(彼も参加している)ということで,やはりこれはたまらん。そう言えばほぼ時を同じくしてRay LaMontagneの3rdアルバムも発売されたし,こちらも早く聞きたい!!

2枚目のディスクは1枚目に比べると完全にロック化していて,このギャップに驚かされると言えばその通りである。しかしこういうコンセプトだと思えばいいのである。しかし,冒頭に書いたように,レーベル移籍第1作でこうしたコンセプト・アルバムを打ち出すことにはかなり勇気が必要だったはずであり,そうであるがゆえに,セールス的にもどうなのかと余計な心配をさせられてしまう。デビュー・アルバムに比べるとキャッチーさにはやや欠けるような気もするし,これで売れなくてまたレーベルを転々とさせられ,次のアルバムはまた4,5年後っていうのは勘弁してっもらいたい。女性シンガーソングライター好きの私としては,今後のシーンを支える存在として彼女にはもっともっと活躍して欲しいのである。

ということで,2ndアルバムの発売を喜び,今後の彼女の活躍を期待してちょいと甘いが星★★★★☆としよう。贔屓目入り過ぎかな~。

ところで,ジャケットにはパーソネル情報が記載されているが,文字が小さ過ぎて,最近明らかに老眼が入っている私には読み取れないので,別のサイトからの情報を転載するが,間違っていたらごめんなさい。

Personnel: Rachael Yamagata (vo, g, hca, p, glockenspiel), Ray LaMontagne (vo,  g), John Alagia (g), Mike Bloom (g, dobro); Cameron McGill (g, p), Mike Mogis (g, org, key),  Josh Grange(g), Mark Goldenberg(g), James Valentine(g), Michael Chavez (g), Kevin Salem(dobro), Kimberly Salistean(vln), Donna Carnes(vln), Lorenza Ponce(vln), Antoine Silverman(vln), Becky Doe(vln), Chris Cardona(viola), Cynthia Ricker(viola), Jane Scarpantoni(cello), Oliver Kraus(cello), Tracy Sands(cello), Peck Allmond(fl), Owen Kotler (cl), Marilyn Coyne (oboe), Robert Carlisle (Fr-h), Daniel Clarke (el-p), Nate Cambell(marimba), Pete Donovan (b), Catherine Popper (b), Davey Faragher(b), Jen Condos(b), Chris Giraldi(ds), Jon O'Reilly(ds), Sean O'Keefe(ds), Jay Bellerose(ds), Jason Boesel(ds), Than Luu(perc), Matthew Cullen (gong), Maria Taylor (vo)

« JD Souther:何と25年振りだそうだが,これはかなり微妙。 | トップページ | Sarah Palinの悪あがき:SNL出演とは笑止千万 »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/42829106

この記事へのトラックバック一覧です: 待望!Rachael Yamagataのセカンド・アルバム:

« JD Souther:何と25年振りだそうだが,これはかなり微妙。 | トップページ | Sarah Palinの悪あがき:SNL出演とは笑止千万 »

Amazon検索

2017年おすすめ作