最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 何とも素晴らしいTom Harrellのワンホーン・ライブ | トップページ | AmazonとCiticardが提携解消だそうである »

2008年10月 3日 (金)

マイルスを聴け:文庫本なれどもこりゃ重い。

Photo 「マイルスを聴け!Version 8」中山康樹(双葉社)

おなじみ「マイルスを聴け!」である。ほぼ2年おきに改訂が行われるこの本も,Version 8まで来た。出る度に買っている読者の立場からすれば,差分だけ出してくれればいいのにと思ってしまうが,それでは印税収入が入ってこないということで,この本もページ数がどんどん膨れ上がっていく。今回はなんと1,100ページを越えている。これでは通勤途上で読もうにも,鞄に入れると重くてたまらん。とは言いつつ,格好の暇つぶしにはなるので,ここのところ毎日持ち歩いている。

今回のバージョン・アップで加えられたのは89枚だそうだが,Bar D2のマスターも書かれているとおり,80年代の音源が圧倒的多数のようである。また,ページ数も80年代が450ページ近くあり,ここを読むだけでもかなりの体力を要する。80年代のMiles Davisってどうなんだろうという気もするし,私は゛You Are Under Arrest゛以降はちょっとというクチなので,こんなに音源が出されてもという気がしないでもない。しかし,世の中がデジタル化したのと同期して,Milesのブートレッグの数も飛躍的に増えるというのは,これはまぁ当然のことなのかもしれない。

Miles関連のブートの世界では私の関心はLost Quintetと70年代の音源に向かうので,60年代後半と70年代の音源のチェックに最も力が入るが,次のバージョン・アップでは新規で追加したページと改訂したページに何らかのマークでも付けてくれるとありがたいのだが。そんなものは自分でチェックしろって?確かにねぇ。でもまた全部読むのも面倒だし...。是非何とかして欲しいものである。

« 何とも素晴らしいTom Harrellのワンホーン・ライブ | トップページ | AmazonとCiticardが提携解消だそうである »

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/42665258

この記事へのトラックバック一覧です: マイルスを聴け:文庫本なれどもこりゃ重い。:

« 何とも素晴らしいTom Harrellのワンホーン・ライブ | トップページ | AmazonとCiticardが提携解消だそうである »

Amazon検索

2017年おすすめ作