最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« レアであること以外に本当に存在意義があるのか? | トップページ | 怒涛の新譜ラッシュで記事のアップが追いつかない »

2008年10月12日 (日)

Dave Holland:バンド一新の結果やいかに?

Holland_pass_it_on "Pass It On" Dave Holland Sextet (Dare2 / Emarcy)

しばらく前に購入していながら,なかなかアップできていなかったアルバムである。

これまで鉄壁のコンビネーションを誇ったDave Holland Quintetであるが,今回発売された新作では,Robin Eubanksを残してメンバーが一新され,3管編成のセクステットとなっているところが,最大の注目点である。これまでのバンドは活動期間が長く,行くところまで行ったとHollandが判断したかどうかはわからないが,レベルの高い活動を継続するHollandのことであるから,期待が高まるのは当然である。

このアルバムでもDave Hollandのリーダーシップのもと,なかなか優れた演奏を展開しているが,前のクインテットに比べると変態度はやや薄れたというか,よりコンベンショナルな響きが増しているのは編成のせいと考えてよいかもしれない。ピアノも入った3管編成と言えば,Art Blakey & the Jazz Messengersという代表的コンボがあるが,今やHollandが目指すのはBlakey的なバンド・リーダーということかもしれない。

メンバーはピアノのMulgrew Millerの参加がやや意外である。Millerと言えば,中堅中の中堅(誉め言葉なのか,けなしているのかわからないなぁ)であるが,ここでも全く破綻のない演奏ぶりである。アルトのAntonio HartはRoy Hargroveのコンボでの活躍が記憶に残るが,最近は活動に華がないというか,どちらかというと低迷していたという感じだろうか。トランペットのSipiaginはCriss Crossレーベルでの活躍が目立つものの,まだメジャー化はしていないという人である。そこに最近,いろいろなバンドでの活動が目立つEric Harlandと番頭役Eubanksという編成は,ある意味いろんなタイプの人を一つのバンドに突っ込んでしまいましたという感じがするのだが,ここでの目的はそうしたバンドでもちゃんとHollandの統率力が機能することを見せつけたいかのようである。Hollandが目指すはジャズ界の野村再生工場かと冗談の一つも言いたくなるような編成である。

しかし,演奏のクォリティは現代的ハードバップとして非常に高いし,またこのアルバム,通勤途上で聞いても音がよいように思えるのである。ここではHollandのアコースティック・ベースが生々しくとらえられていることも私の好感度を上げる要因である。そうは言っても,前のクインテットとどちらが好きかと言われればクインテットだよな~とは思うが,ちょっと同じメンツでの活動が長くなり過ぎてやや食傷気味だったのも事実である。リスナーがそうなのだから,Hollandも同様だったのだろう。まぁ3管のメンツはHolland Big Bandのメンバーでもあるから,見ず知らずの仲であったわけではないし,ピックアップしてバンドにしてみましたって感じか。それでこの完成度ということなら,やはりHolland恐るべし。星★★★★。

Recorded in July 2007

Personnel: Dave Holland(b), Antonio Hart(as), Robin Eubanks(tb), Alex "Sasha" Sipiagin(tp), Mulgrew Miller(p), Eric Harland(ds)

« レアであること以外に本当に存在意義があるのか? | トップページ | 怒涛の新譜ラッシュで記事のアップが追いつかない »

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

そうそう、、好きなメンバー抜けちゃったんで、へそ曲げてましたが、、それは、それで、凄いよね。
やっぱ、ホーランド_ホウランド?閣下は凄いです。

でも、新譜なら、アリホリの新譜の方が好き。。
好きなクリポタは3曲だけど、ギターも露出度高いし。。
なんか、面白い出来デスワン。

すずっくさん,コメントありがとうございます。

Dave Hollandの新作,決して悪くはないです。むしろメンバー・チェンジしてもこのレベルを維持しているのは確かに凄いことですね。

Ari Hoenigの新譜は気にはなっていますが聞けていません。今年の秋はロック系がかなり気になるので,ジャズ系はややスロー・ダウンかもしれません。

注目の新譜は皆さんの情報が頼りです。どんどん記事をアップして下さいね~。

デイヴ・ホランドのところには腕利きのミュージシャンが集まってくるというか、新しいメンバーの名前を見ても、スゴいなあ、と思いました。それでいてホランドサウンドを奏でているというか。でもソロもアンサンブルも、このメンバーなら不安はないですね。

個人的には、全体的にまとまってきたけど、エリック・ハーランドのドラムスがその分目立った叩き方をしているかな、と思いました。

TBさせていただきます。

910さん,コメント,TBありがとうございます。

確かにメンツが代わってもこの安定度というのは大したものです。中堅どころとは言っても実力者の集まりですから当然かもしれませんが,それでもHollandのリーダーとしての資質には驚かされます。

こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/42578457

この記事へのトラックバック一覧です: Dave Holland:バンド一新の結果やいかに?:

» Pass It On/Dave Holland Sextet [ジャズCDの個人ページBlog]
デイヴ・ホランドの新作は、メンバーをロビン・ユーバンクス以外は全員入れ替えての録 [続きを読む]

» Dave Holland / Pass It On [雨の日にはジャズを聴きながら]
前作『 Critical Mass 』 から2年あまりの歳月を経て発表された Dave Holland ( デイヴ・ホランド )の最新作。彼自身のインディペンデント・レーベ... [続きを読む]

« レアであること以外に本当に存在意義があるのか? | トップページ | 怒涛の新譜ラッシュで記事のアップが追いつかない »

Amazon検索

2017年おすすめ作