2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ココログ出版モニター本の到着 | トップページ | イカす70年代黒人アクション映画主題歌集 »

2008年9月 3日 (水)

Shame on You!!

今回の突然の福田康夫の辞任劇には「恥知らず」という言葉しか思い浮かばない。安部晋三に続いてのこうした責任放棄には政治家としての矜持が一切感じられないものであり、彼らは首相としての責務を放棄するのであれば、議員辞職もするべきである。

今回の辞任劇が自民党内の「福田下ろし」を察知した上で、辞めさせられるぐらいなら自分から辞めるという判断もあったのかもしれないが、それにしてもいい加減とはこのことであろう。日本国民をなんだと思っているのか。こんな男に三顧の礼をつくして首相就任を要請した自民党議員の責任も重大である。これでは、あれだけ不人気にもかかわらず、任期を全うしようとしているGeorge W. Bushの方がまだましに見えてくるというものだ。

これで口が曲がったマンガ好き親父が一国の首相候補になってしまうこの国の政治には愛想が尽きると言わざるをえない。言うに事欠いて「適任かなと思わないこともない」等と恥ずかしげもなく語るこの人に日本の将来を任せたいと誰が思うのか。この口の曲がった親父にも「恥知らず」と言っておく。

また、メディアに登場して、今回の福田康夫の辞任を棚に上げて、民主党批判に話をすり替える後藤田正純にも思わず失笑してしまった。こういう謙虚さを持ち合わせぬ男を夫にした水野真紀の恥でもある。あ~情けない。この後藤田も相当の「恥知らず」である。

これでもし来るべき衆議院議員選挙で野党が政権交代を実現できなかったとしたら、そのときは民主党の議員たちにも「恥知らず」の言葉が飛ぶだろう。それぐらい日本国民は怒っているはずなのだ。

« ココログ出版モニター本の到着 | トップページ | イカす70年代黒人アクション映画主題歌集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shame on You!!:

« ココログ出版モニター本の到着 | トップページ | イカす70年代黒人アクション映画主題歌集 »

Amazon検索

2018年おすすめ作