2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ローラーコースター状態の米国金融業界 | トップページ | David Gilmourの新作ライブで亡きRichard Wrightを偲ぶ »

2008年9月30日 (火)

美少女アヤカ・ウィルソンが可愛い「パコと魔法の絵本」

4 「パコと魔法の絵本」('08,東宝)

監督:中島哲也

出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也

なんとも不思議な映画である。極彩色のセット,出てくる異様なキャラの集団,涙と笑いを交錯させるおかしなシナリオ,CGと実写のミックス等々。こうした不思議なセッティングの中で,役者たちは各々が「意図的に」怪演を楽しんでいるようにも思える。

しかし,普段一緒に映画を見に行っても大概は寝てしまう我が娘が,最後までちゃんと起きて見ていたのだから,子供にもそれなりに楽しめる映画ではあったということであろう。また,エンディング・ロールを見ていると,どこに出てるんじゃという役者の人たちの名前があって,またまた不思議な気分に。貫地谷しほりなんてどこに出ていたのやら...。

Photo こうした頭が混乱させられそうなわけのわからない映画の中で,一服の清涼剤と言うべきなのが美少女アヤカ・ウィルソンの存在である。私にはロリータ趣味はないが,この子は本当に可愛い。素直に成長を遂げて,正統派の美人女優になって欲しいものである。最近,Bingbing Liといい,このアヤカ・ウィルソンといい,画像ばかりアップしているようだが,可愛いものは可愛いと認めざるをえないから仕方がないのだ。

そんなこんなでいろんなことを言っているが,この映画,そこそこは楽しませてもらったし,娘も満足したようなので,ちょいと甘目かもしれないが,星★★★☆ぐらいにしておこう。興業収入も善戦しているようだし,大いに結構。でもやっぱりこれは怪作という評価が妥当だろうなぁ。

最後に一点だけ。この映画の後半部のシナリオは掟破りである。涙腺のゆるい中年オヤジは泣かされてしまったではないか。いつも言っていることだが,映画館の暗闇で涙するのはカタルシスではあるが,娘の手前これにはまいった。

« ローラーコースター状態の米国金融業界 | トップページ | David Gilmourの新作ライブで亡きRichard Wrightを偲ぶ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美少女アヤカ・ウィルソンが可愛い「パコと魔法の絵本」:

« ローラーコースター状態の米国金融業界 | トップページ | David Gilmourの新作ライブで亡きRichard Wrightを偲ぶ »

Amazon検索

2018年おすすめ作