最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 旅の道連れ:Brad Mehldau | トップページ | 追悼:Isaac Hayes »

2008年8月28日 (木)

S.M.V.:丁丁発止という感じではない

Smv "Thunder" Stanley Clarke/marcus Miller/Victor Wooten (Heads Up)

この3人の共演アルバムと聞いたら,買って後悔するかもしれないなぁと思いつつ,やはり手を出してしまうのが人情である。3人の中ではVictor Wootenが一番の若手ということになるが,それでも私が彼を初めてChicagoの前座で出ていたBella Fleck & Flectonesのライブで見て目が点になってから,もう18年が経過しているのだから,時が経つのは早いものである。

私がこのアルバムを聞くに際して期待したのはタイトルの如き雷の轟音のような丁丁発止のバトルだったのだが,思ったよりそうした臨戦モードには入っていない。そういうところが,このアルバムを評価する上でのポイントになるのではないかと思う。

私としては実のところ,技の博覧会のようなものを期待したのだが,それっぽい瞬間がないわけではないが,このアルバムは思ったよりもおとなしい。一曲目なんて,そのオープニングの仰々しさには思わず笑ってしまったが,その笑いが継続しないのである。まぁ,このアルバムは企画アルバムであるから,あまり小難しいことを言っても仕方ないし,そもそもベース3本のアルバムってどうなのよって思いがあるのも事実であるから,評価の対象とすることにもやや抵抗がある。でもお金を出して買ってるわけだからねぇ...。

アルバムの中で一番激しいのは"Tutu"かなって感じだが,このメンバーで来日してしまうとのことだから,ライブの場ではより激しいやりとりが見られるだろう。それでもこのアルバムを聞いていて,「おい,おい,そこまでやるか」という感覚,あるいは思わず膝を乗り出す感覚に乏しいというのは事実である。私としてはやはりもっとビンビンやって欲しかった。ということで星★★☆。それにしても"Lopsy Lu"は懐かしかった。

Personnel: Stanley Clarke(b), Marcus Miller(b, b-cl, ts, as, synth), Victor Wooten(b), Butterscotch(vo), Chick Corea(p), George Duke(key), Ruslan Sirota(key), Karlton Taylor(key), Ariel Mann(synth), Ronald Bruner, Jr.(ds), Derico Watson(ds), Poogie Bell(ds), J.D. Blair(ds), Kevin Ricard(perc), Patches Stewart(tp), Steve Baxter(tb),

« 旅の道連れ:Brad Mehldau | トップページ | 追悼:Isaac Hayes »

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

私も当初バトルを期待して(通勤のお供で聴いてて)肩透かしを喰らったと感じたクチなのですが
家の装置で聴いたら音で満足したのでokになっちゃいました(^^;;

TBさせていただきます。


oza。さん,コメント,TBありがとうございます。

私も通勤の道すがらでしか聞いていないので,装置によって,受ける印象は随分違うかもしれません。今度,家人に怒られない程度のボリュームで,家のセットでも試して見ます。

こちらからもTBさせて頂きます。

中年音楽狂さん、こんにちは、monakaです。
TBさせていただきます。
私、紹興酒を頂いた後に、ヘッドフォン付けて記事書きながら聴きました。
楽しくて書くことなど、どうでも良くなりました。
ファンのなせる業です。

monakaさん,こんにちは。コメント,TBありがとうございます。

私はこのアルバムを聞いたのが,バケーション明けの通勤電車の中というかなりドヨ~ンとした状況だったので,駄目だったのかもしれません。

アルコール片手にちょいといい気分で聞いていれば,それまた別の感慨がありそうですね。今度試してみます。

こんにちは。やっと聴きましたよ。

オーディオ装置で聴くと、やっぱりベースと音をはじめ、サウンドがいいですねえ。やはりマーカス・ミラーがプロデュースをしているからだと思います。

スタジオ録音で、アルバム1枚分もたす、という意味では、やはりアンサンブル重視でいろいろな趣向の曲をもってくるということで、印象付けているのでは、と思いました。アマチュアで同じ楽器をやっていたので、小躍りしたクチです。

今来日中ですが、ライヴだとさらに爆発しているんだろうなあ、と思うのですが。

TBさせていただきます。

910さん,こんにちは。コメントありがとうございます。マドリッドの空港にて返事を書かせて頂いております。

私はこのアルバムはあまり評価していませんが,でも皆さん結構買われているのがわかって,ご同慶の至りと思ってしまいました。

こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/42298803

この記事へのトラックバック一覧です: S.M.V.:丁丁発止という感じではない:

» S.M.V Thunder [JAZZとAUDIOが出会うと...]
Stanley ClarkeとMarcus MillerにVictor Wootenと、有名なベーシストの名前が3人も連なって、さらにタイトルが雷ですからねぇ ちょっと、不安はあったのですが、買わざるを得ないでしょう.. メンツは、上記3人にChick Corea、George Dukeがスペシャルゲスト。基本的に、曲毎にいろいろなので、他の参加者は割愛です。 演奏曲は、以下の通りの、3人のオリジナルが数曲づつ持ち寄られているんでしょう。 1 SMV ..... [続きを読む]

» オヤジがオヤジに惚れる THUNDER / s.m.v [JAZZ最中]
ご馳走してくれた息子2は昨夜から秋田へ行くといって家の車を乗っていきました。休みに入ったオヤジは朝からCDの整理をおわらせて、時々するオヤジの楽しみに行きました。 渋谷の幾つかのショップを回ってその後、生ビールを一杯、チェーサー代わりに、紹興酒も1ポット、五目焼きそばを頂きながら今日の戦利品のCD見ているとなんとも自分勝手な良い気分です。 (昼真からこんなことしている人はすくないので手がぶれました。) 今日仕入れたアルバムは5枚、中古にとてもいいのがありましたが、それは又いつか紹介で、昨日... [続きを読む]

» サンダー/S.M.V. [ジャズCDの個人ページBlog]
ベース3人でのアルバムって、音的なぶつかり合いの面で難しいところがあるので、なか [続きを読む]

« 旅の道連れ:Brad Mehldau | トップページ | 追悼:Isaac Hayes »

Amazon検索

2017年おすすめ作