最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« S.M.V.:丁丁発止という感じではない | トップページ | Elvis Presley Comeback Special超拡大盤! »

2008年8月29日 (金)

追悼:Isaac Hayes

Hayes ある雑誌を読んでいたら,そこにIsaac Hayesの訃報が掲載されていて驚いてしまった。死因は不明ながら68歳というのはちょっと若過ぎる死である。

私はHayesの熱心なファンというわけではなく,今も昔もHayesと言えば゛Shaft゛なのである。「黒いジャガー」という邦題を持つこの映画で,Richard Roundtreeの登場とともに流れる「シャフトのテーマ」の格好よかったこと。子供心にワクワクしたのも懐かしい。振り返ってみれば,私とソウル/R&Bとの出会いはこの「シャフトのテーマ」だったと言っても過言ではないのである。

この真っ黒けな感覚を出すにはそれなりのエネルギーが必要だったのだろう。ここに掲げたWattstaxでのライブ盤での写真を見ても,脂ぎった黒さを感じさせるではないか。

Pimps こうしたHayesを追悼するには,私としてはやはり「シャフトのテーマ」しかないのである。Wattstaxのライブ盤に収められた同曲でもいいのだが,ここは黒人アクション映画のテーマ曲ばかりを集めたナイスなコンピレーション盤゛Pimps, Players & Private Eyes"(それにしても凄いジャケである)に収められたオリジナル「シャフトのテーマ」でIsaac Hayesを追悼し,彼の冥福を祈りたい。Isaac Hayes,きっと冥界でも真っ黒なんだろうなぁ。

« S.M.V.:丁丁発止という感じではない | トップページ | Elvis Presley Comeback Special超拡大盤! »

ソウル/R&B」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブラックミュージックですか。sun

昔彼のプロモーションビデオを見た記憶があります。wine

台湾人さん,はじめましてですね。ようこそお越し下さいました。

Isaac Hayesのプロモーション・ビデオってどんな感じなんですかねぇ。いずれにしてもまっ黒けなんでしょうが。関心ありますねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/42303974

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼:Isaac Hayes:

« S.M.V.:丁丁発止という感じではない | トップページ | Elvis Presley Comeback Special超拡大盤! »

Amazon検索

2017年おすすめ作