2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Pendulumボックスのディスク3:苦行を終え,昇天す | トップページ | 山下洋輔が当時の若手を従えて »

2008年7月 3日 (木)

Al Green:これぞソウルの王道である

Al_green "Lay It Down" Al Green(Blue Note)

このゆるやか,あるいはたおやかと言ってもよいグルーブに満ちたアルバムを聞いて,私はまさにこれぞ「王道」と思ってしまった傑作アルバムである。

Blue NoteでのAl Greenと言えば,2003年の"I Can't Stop"もよかったが,このアルバムは適材適所というか,Al Greenへのリスペクト全開のゲストたちの好演もあって,私としてはそれを上回る出来になったと言ってしまおう。だって,Anthony HamiltonにCorinne Bailey RaeにJohn Legendだ。みんな私が次代を担うソウルの逸材と思う人たちばかりである。その彼らが全身全霊でサポートしているのだ。悪いはずがないではないか。

難しいことは考える必要はない。Al Greenの声とこの素晴らしいソウルのグルーブがあれば,私はしばらくほかのソウルのアルバムは必要としない。繰り返す。これこそ「王道」である。今年のベスト・アルバム入り間違いなしの超傑作。星★★★★★以外にはありえない。たまらん。

Personnel: Al Green(vo), Anthony Hamilton(vo), Corinne Bailey Rae(vo), John Legend(vo), Chalmers "Spanky" Alford(g), James Poyser(org, p, key), Adam Blackstone(b), Ahmir "?uestlove" Thompson(ds), Jaguar Wright(vo), Mercedes Martinez(vo), Neal Sugarman(ts), Ian Hendrickson-Smith(bs), David Guy(tp), Randy Bowland(g), Owen Biddle(b), Gabriel Roth(b), Homer Steinweisee(ds), Danny Sadowick(perc), Larry Gold(strings arr)

« Pendulumボックスのディスク3:苦行を終え,昇天す | トップページ | 山下洋輔が当時の若手を従えて »

ソウル/R&B」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

ああ、また買ってしまいそうだ・・・(^^)

FULLさん、コメントありがとうございます。

はい。買って下さい(笑)。後悔させません(きっぱり)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/41679551

この記事へのトラックバック一覧です: Al Green:これぞソウルの王道である:

« Pendulumボックスのディスク3:苦行を終え,昇天す | トップページ | 山下洋輔が当時の若手を従えて »

Amazon検索

2017年おすすめ作