2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Karl-Martin Almqvist:スウェーデンの新主流派? | トップページ | Eric Andersenの悲劇 »

2008年7月 7日 (月)

今年で結成47年!New Orleans Rascals1995年の記録

Nor "New Orleans Rascals with Topsy Chapman" New Orleans Rascals

私がこのブログを始めて以来初のディキシーランド・ジャズである。私の亡くなった父は晩年はモダンな演奏も好んで聞くようになったが,まだ若い頃はモーツァルト以外ではディキシーランド・ジャズを聞いていた。一方の私はBeatles/Carpenters→ハードロック→プログレ→フュージョン→モダン・ジャズという感じで音楽を聞いてきたので,ディキシーランド・ジャズとの接点はほとんどない。保有しているアルバムもGeorge Lewisの"Jazz at Vespers゛を大昔にLPで買ったきりで,ここ暫く聞いたことがないような状態である。よって,私はこうした音楽を語る資格があるかと言うと,これは明らかにない。

それでもって,そんな私がなぜこのアルバムなのよというのは当然の疑問である。このアルバム,友人の美人弁護士からのいただきものである。New Orleans Rascals(以下NORと略す)は1961年(!)に結成された日本で屈指のアマチュア・バンドであるが,ここでクラリネットを吹く河合良一氏はその美人弁護士の伯父上であり,そんな縁もあってのご紹介である。

それにしても1961年結成で,現在も活動中と言うのがNORの凄いところである。このアルバムはそのNORがヴォーカルにTopsy Chapman(もとはゴスペル系らしい)を迎えての95年のライブ盤であるが,久々にこうした音楽を聞いてついついなごんでしまった私である。このゆったり感は,ストレスフルな生活や日頃の憂さをしばし忘れるには結構効用があるのではないかと思ってしまった次第である。このアルバムではChapmanのボーカルの録音がオフ気味なのがちょいと惜しいが,それでもなごみ感十分の演奏は楽しめる。それにしても河合氏のクラの音,素晴らしいねぇ。入手経緯もあるので採点は控えるが,ちょっと毛色は違うものの,本盤を聞いて,Eddie Condonのライブ盤を久々に聞きたくなってしまった私である。

いずれにしてもここまできたら当然NORはゴールドジュビリーを目指して頑張って頂きたいものである。私の同僚のやぎさんも「放し飼いトリオ」というバンドで活動中であるが,アマチュア・バンド恐るべしと言っておこう。

Recorded Live at 伊丹アイフォニックホール on November 10, 1995

Personnel: New Orleans Rascals【志賀奎太郎(tp),福田恒民(tb),河合良一(cl),尾崎善康(p),川合純一(bj),石田信雄(b),木村陽一(ds)】 with Topsy Chapman(vo)

« Karl-Martin Almqvist:スウェーデンの新主流派? | トップページ | Eric Andersenの悲劇 »

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年で結成47年!New Orleans Rascals1995年の記録:

« Karl-Martin Almqvist:スウェーデンの新主流派? | トップページ | Eric Andersenの悲劇 »

Amazon検索

2018年おすすめ作