2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Keith Jarrettソロを聴いた@東京芸術劇場 | トップページ | Billy Prestonのライブがバージョン違いを収録して復活 »

2008年5月26日 (月)

黒澤を愚弄する「隠し砦の三悪人」リメイク作

Photo_2 「隠し砦の三悪人 The Last Prinecess」('08,東宝)

監督:樋口真嗣 

出演:松本潤,長澤まさみ,阿部寛,椎名桔平,宮川大輔

これはいかん。駄目だとは予想していたが,案の定駄目だった。オリジナルを脚色したのは松本潤を立てるためだが,そもそも全く松本潤に魅力を感じない私のような人間にとっては,こんなものは改悪でしかない。大体,話や演技に芸がないから,CGに頼ったり,えせ「インディ・ジョーンズ」のようなシーンを挿入しなければならないのである。椎名桔平の甲冑はまるでダース・ベイダーのようだし,なんじゃこれはと言わざるをえない。 

長澤まさみは相変わらずかわいいが,男勝りの育てられ方をしたという雪姫のキャラにはほど遠く,凛々しさを感じさせないし,ストーリー展開上仕方がないとは言え,どんどん映画の後半にはフェミニンな感覚が強くなってくるのも,なんだかなぁという感じである。戦国時代というのはそういう時代ではないはずであるという考え方をもってすれば,やはりこの脚色は受け入れ難いものがある。オリジナルの上原美佐のように太ももも見せてくれないし,おじさんとしてはガックリである。

結局,この映画の見所は何なのか全くよくわからないまま,時間だけが経過していき,私としては全く楽しめない映画であった。こんな映画を作っておいて「映画界の大先輩と何かしらの繋がりが持てたような気がする」等と外国特派員協会で語る監督の樋口には「片腹痛いわ」とだけ言っておこう。星をつける気にもならない駄作。

« Keith Jarrettソロを聴いた@東京芸術劇場 | トップページ | Billy Prestonのライブがバージョン違いを収録して復活 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/41263923

この記事へのトラックバック一覧です: 黒澤を愚弄する「隠し砦の三悪人」リメイク作:

« Keith Jarrettソロを聴いた@東京芸術劇場 | トップページ | Billy Prestonのライブがバージョン違いを収録して復活 »

Amazon検索

2017年おすすめ作