2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« James Carterのファンク・アルバム:もっと突き抜けてくれ! | トップページ | Jimmy Smithのオルガン・ワンマンショー »

2008年5月11日 (日)

出張はつらいよ(3):08/05編

先日シャーロットの空港で落とした財布が手許に戻ってきた。キャッシュカード,クレジットカード,運転免許証に保険証まで入っていたから,なくなっていたら大ごとだった。これでほっと一息である。恥ずかしい話だが,私は今年になって2回も財布を落としている。酒に酔った上でもないというのが情ないが,それでも今回はいい人に拾ってもらってラッキーだった。十分反省の上,今後の対応に気をつけることにしよう。

いよいよ出張も今日で終わりで,あとは明日のフライトを待つだけとなった。明日は明日で,飛行機の中でどれだけ(逆)時差ボケに対応できるかが問題である。ようやく米国時間に慣れたと思ったら帰国である。すぐに酒をかっくらった上で,眠くなるように機内で報告書でも書くことにしよう(爆)。追ってブログに記事をアップするが,アメリカに来る際に見た映画は具合が悪かったし,帰りもあまり期待できそうにない。やはりこういうときは仕事に限る(ほんまかいな)。

ところで,私は通勤途上や出張中はいつもポータブルCDプレイヤーで音楽を聞いているのだが,今回はCDプレイヤーを家に忘れてくるという愚をおかした。幸いiPODを持ってきていたので,音楽には事欠かなかったが,何とも最近どんくさいミスを重ねている。これは年だけのせいではないような気もするが,やはり基本的には年のせいなのだろう。困ったものである。

出張中にCDでも買おうかと思って,SFのVirgin Megastoreにちょこっと立ち寄ったのだが,全然コスト・パフォーマンスがよくないので,何も買わなかった。税金を考えれば,日本で買った方が間違いなく安いというのは困ったものである。品揃えの点でも問題が多く,これではAmazonに勝てないのは当たり前。DVDも残念ながら"Saturday Night Live"の第3シーズン完全版は未発売で結局買えずだし,収穫なしというのは寂しいが仕方ない。

いずれにしても,帰国したら早いところBrian Bladeの新作をゲットして聞きたいものである。

« James Carterのファンク・アルバム:もっと突き抜けてくれ! | トップページ | Jimmy Smithのオルガン・ワンマンショー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

財布が無事に戻ってなによりです。

かくいう私も、木曜日に財布なくしました。出てきません・・・

原因は・・・ご想像のとおりであります。酷い目に逢いました、ってすっかり自業自得ですが。情けないっす。

まあ詳しくは帰国されてから。無事の帰国をお祈りしております。

やぎさん,それは災難でした。放し飼いの演奏に影響が出なかったことを祈りますが,やはり動揺しますよね。

さまざまな手配を済まされ,問題が発生しなければいいですね。では火曜日にオフィスでお会いしましょう。

出張お疲れ様です。
小生財布をなくしたことはないのですが、クレジットカードを出張中に勝手に使われたことはあります。ある日引き落とし前に出張中の使用高をみようとするとタイのスーパーにて車用品を買ったことになっている。出張中誰かを部屋に招きいれたこともないし{おい!)、、考えてみるとトランクの中に入れておいたバッグを運転手が開けたという線が濃厚になってくる。
幸い引き落とし前だったので東京の交番で調書を作成してもらいカード会社に支払停止をかけたので実害はありませんでしたがそのカードは当然使用停止としました。

カードそのものの物理的盗難なら事前に対応できるが、番号だけを盗まれたら事故に気づくまで時間がかかるというお話でした。

財布紛失頻発しておりますね。小生は財布を持たないのでよって紛失もないということになっています。ただし一度タイ出張中にバッグに入れておいたクレジットカードの番号だけぬすまれ引き落とし前とはいえ、なんだか地元のスーパーで車用品を購入されていました。
サイトで事前にわかったため日本の交番で調書をつくってもらい、カード会社に通知、実害はありませんでしたが、当然そのカードはキャンセル。いつやられたんだろう、、ホテルの部屋に誰かをまねきいれた(おい!)こともしていないし、多分現地運転手が我々が食事をしている間に番号をぬすんだんでしょう。
加齢に加えて飲酒酩酊状況になるととたんに注意力散漫になってくるのでとても他人事とは思えない記事でした。

こうぞうさん,コメントありがとうございます。

確かに加齢により注意力が低下しているのは事実ですので,「なくならない」を前提とするのではなく,一層気をつけるぐらいにしないと駄目ということでしょうね。

年は取りたくないものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/41169277

この記事へのトラックバック一覧です: 出張はつらいよ(3):08/05編:

« James Carterのファンク・アルバム:もっと突き抜けてくれ! | トップページ | Jimmy Smithのオルガン・ワンマンショー »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作