2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Chris Andersonが亡くなったそうである | トップページ | Gonzalo Rubalcabaのソロ・ピアノは従来のイメージと違う »

2008年4月15日 (火)

懐かしの「仮面の忍者 赤影」

Photo_2 「仮面の忍者 赤影 第1部 金目教編」(東映ビデオ)

私の友人の美人弁護士が次の特撮モノはいつ書くのかと聞くものだから,「次は赤影じゃ」と言ってしまった手前,今回はその「赤影」の登場である。

今にして思えば,昔は時代劇特撮モノがいくつかあったなぁと思い出される。「快傑ライオン丸」然り,「仮面の忍者 嵐」然りである。しかし,今の子供が時代劇に関心など示すはずもなく,こうしたジャンルはもはや死滅状態と言ってよい。そんな中で,このジャンルにおける新旧を通じての人気ナンバーワンはこの「赤影」をおいてほかにはあるまい。子供の頃にこの番組に熱狂していた私は,このシリーズのDVDが出た際には喜び勇んで購入に走ったわけだが,財力の問題もあり,全4部のうちの2部までの購入で止まってしまったのは情けない。

負け惜しみ的に言えば,これは単なる財力の問題だけではなく,「第1部 金目教編」が突出した魅力を持っていたということにもよるのかもしれない。加えて,「赤影」は1話完結ではないので,これをシリーズとして見続けるのはなかなか時間的にも大変という理由もあるように思う。この辺が,私がこのDVDを見る機会があまりない最大の原因である(実際,家人に馬鹿にされながらも,ウルトラセブンは今でもたまに見ている)。

それはさておき,第1部の冒頭のナレーション「豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃、琵琶湖の南に「金目教」という怪しい宗教が流行っていた。それを信じない者は、恐ろしい祟りに見舞われるという。その正体は何か?藤吉郎は金目教の秘密を探るため飛騨の国から仮面の忍者を呼んだ。その名は…赤影参上!!」に続いて「忍者マーチ」(「ヤンパラ,ヤンパラ,ヤッパパパ,ヤンパー...」である。わかる人にはわかるこのリズム・フィギュア。)が鳴り始めた瞬間,血湧き肉躍らせた同時代人は私だけではあるまい。

ということで,番組の中身については全然書いていないが,またそれは機会を改めるとしよう。やはり一つの時代を作った番組と言っていいと思う。

« Chris Andersonが亡くなったそうである | トップページ | Gonzalo Rubalcabaのソロ・ピアノは従来のイメージと違う »

円谷ほか特撮モノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/40831947

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの「仮面の忍者 赤影」:

« Chris Andersonが亡くなったそうである | トップページ | Gonzalo Rubalcabaのソロ・ピアノは従来のイメージと違う »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作