2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Charles LloydがJason Moran(!)を迎えたライブ作 | トップページ | これが本当の婦唱夫随? »

2008年3月12日 (水)

Dave Liebmanの"Pendulum"ついに再発か

以前,このブログで取り上げたDave Liebmanの"Pendulum"は何とも素晴らしい力作ライブ盤(久々に聴いた"Pendulum")であるが,長年廃盤の憂き目にあってきた。しかしである。Mosaic RecordsのWebサイトには次の記述が...

Mosaic Select: Pendulum

In February 1978, saxophonist Dave Liebman assembled a formidable quintet with trumpeter Randy Brecker, pianist Richie Beirach, bassist Frank Tusa and drummer Al Foster. The gig was recorded and one stunning album was released on Artists House. Liebman recently revisited those tapes and has come up with 3 CDs of hard bop heaven with scorching versions of "Solar", "Well, You Needn't", "Blue Bossa", "Impressions" and more.

ということは,大量の未発表曲を含んだCD3枚組として同アルバムが再発されるということである。これはLee MorganのLighthouse3枚組にも匹敵する快挙と言ってよいのではないか。Dave Liebmanファンは要注目,かつMosaic Recordsに感謝せねばなるまい。あとはちゃんとリリースされるのを期待するのみである。いつ出るのだろうか。上に書かれた曲目を見ただけでもわくわくしてきた。

http://www.mosaicrecords.com/genres.asp?dept=50

« Charles LloydがJason Moran(!)を迎えたライブ作 | トップページ | これが本当の婦唱夫随? »

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい情報ありがとうございました。なんか妙に興奮しますね。しかし、よくあんな記事をみつけるものですな。

曲名だけみると、いわゆる「セッション」だったというのがわかりますね。あの5人でもう少しタイトな活動をしてたかのかと想像してたんですが。

個人的にはレコードに入っていたPicadily Lilyとかいう曲が好きだったので、改めて聞きなおしてみたいものです。ランディお休みだけど。

やぎさん,そうだよねぇ。私もつい興奮して記事にしてしまいましたから。

たまたま見つけた情報が「おおっ」となるようなものだと私も嬉しいです。これは本当にたまたまでしたが,すかさずMosaic Recordsのメーリング・リストに登録してしまいました。やはりMosaicとRhinoは見逃せませんな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dave Liebmanの"Pendulum"ついに再発か:

« Charles LloydがJason Moran(!)を迎えたライブ作 | トップページ | これが本当の婦唱夫随? »

Amazon検索

2018年おすすめ作