最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 長大な綾辻ワールドの行き先は... | トップページ | Lizz Wrightを初めて聞いた »

2008年2月 5日 (火)

Nik Bärtsch's Ronin:新しいミニマル・ミュージック

Holon "Holon" Nik Bärtsch's Ronin (ECM)

スイス出身のNik Bärtschのグループ"Ronin"によるECM第2作である。彼らの音楽はミニマル・ミュージックがより明確なリズム・アプローチを持ったものという感覚が強いのだが,実は私はReichやRiley等のミニマルも好きなので,こういう音楽は一度はまるとなかなか抜けられない世界である。ということで彼らのECM第1作"Stoa"も私は結構好きだったが,その第2作とあっては当然飛びついた私である。

ECMのWebサイトにもあるとおり,Bärtschは以前日本に滞在していたこともあり,グループ名"Ronin"はまさしく「浪人」を意味したものらしいが,だからと言って日本的な感覚があるかというとそんなことは全くない。

今回の作品は前作よりもややミニマル度が低下しているようにも感じられ,全編でよりリズミックでスリリングな感覚が増しているようにも思える。曲によってはロック・ビートを感じさせるし,特に2曲目の"Modul 41_17"や3曲目"Modul 39_8"の一部に顕著であるが,それでもこれはまだまだミニマルな世界であることに間違いはない。しかし,これが相当カッコいいミニマルなのだ。

ミニマル・ミュージックは興味がない人には何が面白いかわからない世界だと思うのだが,何も考えず身を委ねるというのが私のやり方である。しかし,ここで展開される音楽は決して環境音楽ではないので,若干違う聞き方(ちゃんと鑑賞もできるということである)が必要かもしれないが,それでも私はこれって好きだなぁ。これからもこの路線で作品を発表し続けて欲しいものであるが,ライブってやるんだろうか。やるなら見てみたいグループである。尚,Bärtschは前作ではRhodesも弾いていたが,本作ではピアノに専念している。もちろんピアノだけでもクール度が上がって全く問題ないが,Rhodes好きの私は次作ではRhodesをまた弾いて欲しいなぁ。星★★★★。

Recorded in July 2007

Personel: Nik Bärtsch(p), Sha(b-cl,as), Bjorn Meyer(b), Kaspar Rast(ds), Andi Pupato(perc)

« 長大な綾辻ワールドの行き先は... | トップページ | Lizz Wrightを初めて聞いた »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

とてもスタイリッシュな音楽ですね。ビートを抽象化して、身体性を剥奪したような感じ、が別の気持ちよさを作っている、ように思います。頭を空っぽにして聞いていると、どこかに連れて行かれるような、仰せのような麻薬的な音楽ですね。

kenさん,こんばんは。そうなんですよねぇ。ミニマルの気持ちよさってあるんですよね。それはテクノの連続性と相通ずる部分があるかもしれません。これがECMから出たことには驚きましたが,今やRicardo Villalobosまで出てますから,ECMというのは凄いレーベルだと思わざるをえません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/17909493

この記事へのトラックバック一覧です: Nik Bärtsch's Ronin:新しいミニマル・ミュージック:

» Nik Bartsch: Stoa (2005) 果てなく循環する音のなかで [Kanazawa Jazz days]
 今週のはじめ、御茶ノ水のディスク・ユニオンへ出かけて買ったCDの1枚。安かったからね。このStoaより後年のアルバムHolonを聴いて何となく気にしている奏者。ミニマル的な音の繰り返しに、リズムを乗せている極く単純な音の連鎖。  だけど、果てなく循環する音のな...... [続きを読む]

« 長大な綾辻ワールドの行き先は... | トップページ | Lizz Wrightを初めて聞いた »

Amazon検索

2017年おすすめ作