2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 新素材を使った"Aja"の高音質CD | トップページ | Ginger Baker:異色メンツによるアルバム »

2008年2月19日 (火)

出張中に見た映画(2):08/02編

Photo 「クローズド・ノート」 ('07,東宝)

監督:行定勲

出演:沢尻エリカ、竹内結子、伊勢谷友介、永作博美、中村嘉葎雄

この映画は不幸な映画である。公開初日の舞台挨拶における沢尻エリカの「別に...」発言ばかりがクローズ・アップされ、映画そのものが語られることは少なかったような気がするからである。しかし、出張中の飛行機の中とは言え、あるいは先が見える筋書きとは言え、私は案の定泣かされてしまった(情けないぐらい大泣きしてしまった)し、決して悪い映画だとは思わない。

Photo_2 もちろん、いろいろケチをつけるのは簡単である。甘いシナリオ、無意味な挿話、ぜんぜん魅力を感じない音楽、その他もろもろ。しかし、ロケで使われた京都の風景を見ていても楽しめるし、沢尻エリカはあの舞台挨拶のメイクや態度が嘘のような清楚さ(とは言え、気は強そうに見える。→の写真は映画のものではないが、こんな感じ。私としてはこの路線でずっと行ってくれればよかったのだが...。)である。竹内結子の先生役は作り過ぎのようにも感じられるのも事実であるが、そうだとしてもよいものはよいと認めてあげるべきである。永作博美もよかったし。ということで、女優のことばかり書いているが、そういう映画だからねぇ。星★★★。それにしてもだが、この映画そのものへの注目度を下げてしまったということでは沢尻エリカはA級戦犯の謗りは免れまい。まだまだプロフェッショナルになりきっていないんだろう。若いから仕方がないかもしれないが。

いずれにしても、最近の私は映画を見ながら泣くのが楽しみなのかと思うぐらいよく泣いてしまうが、この涙もろさ、どうでもいいが年のせいなんだろうなぁ。

« 新素材を使った"Aja"の高音質CD | トップページ | Ginger Baker:異色メンツによるアルバム »

映画」カテゴリの記事

コメント

映画見て泣くとは、意外な趣味ですな(笑)。

泣くといえば、私は最近朝ドラの「ちりとてちん」を見て毎日泣いております。今更ながらお勧めではあります。もうすぐおわっちゃうのが残念。

やぎさん、

人は見掛けによりませんな、お互いに。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/40064335

この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画(2):08/02編:

« 新素材を使った"Aja"の高音質CD | トップページ | Ginger Baker:異色メンツによるアルバム »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作