2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Enrico RavaのECM未CD化アルバム | トップページ | ECM未CD化作:今度はMichael Nauraだ! »

2008年1月 9日 (水)

Wolfgang DaunerのECM作:未CD化は当然だろう

Dauner "Output" Wolfgang Dauner(ECM)

先日,ECMレーベル未CD化作品としてEnrico Ravaのアルバムを取り上げたので,調子に乗って別の未CD化アルバムも紹介してしまおう。このアルバムがCD化されない理由はこの悪趣味なジャケットにあると思わざるをえない作品だが,内容も特にA面はノイズ系で,全くECMらしくない。それにしてもジャケの美しさには定評のあるECMとしてはそのひどさとしては悶絶ものではないか。

このECMレーベル最初期の音源と言ってよいアルバム(何と言ってもECM1006である。つまりレーベルとしては6枚目のアルバム。)だが,このアルバムのプロデュースをManfred Eicherが務めていること自体がまずは驚き(というか信じられない事実)である。ECMは確かに多彩な音楽性を飲み込んだレーベルであるが,ここまで強烈なノイズ系はあまり記憶がない。私は結構ECMというレーベルのファンだが,これはさすがにねぇというところである。

この手の実験的な音楽(音楽と言えるかどうかも私のような凡人にはわからん)を好まれるリスナーには大いに受けるだろうが,はっきり言って私は残りの生涯で何度ターンテーブルに乗せるか疑問のアルバムと言ってよい。1970年という時代がこうした実験作を生み出したとも言えるかもしれないが,現在の中年となった私(若い頃なら若気の至りですまされるかもしれんが...)にとってはお呼びでないアルバムである。もはやこのアルバムには稀少性以外の価値は少なくとも私にとってはないし,21世紀に敢えて本作をCD化する理由は全くない。B面になって多少は音楽と呼べる展開を示すが,それでも星★で十分。

Recorded on September 15 and October 1, 1970

Personnel: Wolfgang Dauner(p, key), Fred Braceful(perc, vo), Eberhard Weber(b, cello, g)

« Enrico RavaのECM未CD化アルバム | トップページ | ECM未CD化作:今度はMichael Nauraだ! »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

コメント

これは、、、凄すぎる!?
これが、38年前のジャケットということを考えると凄すぎる。
更にECMというレーベルから出ていることが凄すぎる。
もしかして、、これを当時、私財を出して買われたのですか?

カビゴンさん,コメントありがとうございます。

このアルバムは中古でゲットしたものです。3,000円ぐらいでしたかねぇ。

私もさすがに1970年当時このような音楽は聞いておりません(まだいたいけな子供でした)。聞いていたら逆に怖いですね。

TBに驚き、いや驚愕。
工藤さんだけをマークしていたのですが、まさかのtoshiya氏とは!
全く感想も同じで、いやはや。アイヒャーの肥やし、でしょうね。
ベイリーの5番が2万円。その隣のコレが5千円。手が出ました。
腹をくくって、LPコンプリートを目指しています。とほほ

kenさん,こんにちは。TBありがとうございます。

LPで1000番台,1100番台のコンプリートって結構大変ではないかと思いますが,私もECM好きのはしくれなので,集めたいと思われる気持ちはわかります。

でも,出てこないのはあまり出てこないですし,出たとしても状態があまりよくないのもありますね。私は買ってませんが,John Clarkとか,国内ではあまり見ませんね。海外のサイトではそんなに難しくないかもしれませんが。Double Image(こっちは持ってます)等もそうですね。

まぁ,海外をうまく使えば,近い将来のコンプリートは実現できると思いますが,その節はお祝いでも(笑)。

読んでいるうちに、例えばCD化とか、音源配信とか、自分が元気なうちには無理そうなのが多そうです。自分のECMの未CD化のページから、こういうアルバムたちのページへ、リンクさせてもらってもいいですか? もしよろしければ。掲載されているのはここの前後の3枚でしょうか?

910さん,こんばんは。

リンクは全然問題ないです。今や何がCD化されてないかよくわかりませんが,むしろ910さんにリンクして頂くなんて器じゃないっす。

2年位ゆっくり集め、あるレベル(60%くらい)を超えたので本腰。集めだして分かったのは、やはり70年代のECMのレコードは珠タマ数多しで、希少性はないですね。だから大半は2000円以下です。オークションは高すぎる。同じようにBlue NoteのRVG刻のものを集めているのですが、たとえセカンドやサードのリバティ盤でも、そんなには多くない、ということです。
1000番代はあと5枚、1100番代は11枚。価格をみながら、ペースを落とそうかと思っています。1300番代以降は完全にCD時代なので難渋しそうです。

kenさん,こんばんは。私のBrad Mehldauコンプリートへの道みたいなものでしょうねぇ。類は友を呼ぶ(笑)。

確かにECMではバカ高いってのはあまりないですよね。海外のサイトに比べると,DUの値付けはちょっとおかしいだろうと思わせます。日本ではなかなか見つからないものも,結構簡単に見つかりますからね。

私のBrad Mehldau音源はあと1枚ですが,それはさすがにほとんど入手は不可能だろうと思っていますが,気長に探します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/17548139

この記事へのトラックバック一覧です: Wolfgang DaunerのECM作:未CD化は当然だろう:

» [ECM1006] Wolfgang Dauner: Output (1970) とにかくジャケット趣味が.... [Kanazawa Jazz days]
 昨夜は世話になった職場の若い衆へのお礼の一献。柿木畠の「いたる」で美味しく頂いた。そこで知人ご一行と鉢合わせ。そのなかに、このブログ読者がおられて驚いた。その後、帰り道のバーでゆっくり呑んでいたら、cowryでのイヴェント「ジャズ喫茶、のようなもの」にい...... [続きを読む]

« Enrico RavaのECM未CD化アルバム | トップページ | ECM未CD化作:今度はMichael Nauraだ! »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)