2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« Standards Trio誕生の瞬間の一コマ | トップページ | Wolfgang DaunerのECM作:未CD化は当然だろう »

2008年1月 8日 (火)

Enrico RavaのECM未CD化アルバム

Opening_night "Opening Night" Enrico Rava(ECM)

ECMレーベルには未CD化の作品がいくつかあるのだが,このアルバムもその一つである。Enrico Ravaは今でも現役ECMアーチストなのだから再発してもよさそうなものだとも思うが,オーナーのManfred Eicherが決める話だからどうこう言えた筋合いではない。まぁこのアルバムはEicherプロデュースではないというのがCD化されない理由のようにも思えるが,作品としてはどうか。

まず,冒頭しっとりと"I'm Getting Sentimental Over You"で幕を開けるのだが,2曲目のタイトル・トラックがいきなりフリー・ジャズに転じてそのギャップの大きさに思わずのけぞる。このある意味「なんじゃこりゃ~(松田優作かっ!)」的な乗りが,Eicherの美学に合わないという気がする。全編を通して聞いてみても,やはりこのタイトル・トラックがあまりに浮いていてどうも居心地が悪いのである。かと思えばB面冒頭のRavaのオリジナル"GRRR"はD'Andreaのピアノ・ソロはいけているのだが,肝心のコンポジションがなんとも陳腐な曲調でずっこけさせてくれる。尚,"Venise"という曲ではなんとAldo Romanoがギターを弾いているが,これが結構いけているのにはびっくり。ちょいとイージーリスニングみたいなのが気になるが,これはこれで悪くない。最後の"Thank You, Come Again"は軽快そのもの。但し,D'Andreaのバッキングはややうるさい(所謂目立ちたがり屋的ピアノ)。

ということで,結局このアルバム,プロデュースに一貫性がないのと,曲による良し悪しがはっきりし過ぎというのが問題になるのだろうと思う。一本芯が通っていないという表現が適切かもしれないが,だからいつまで経ってもCD化されないと考えてよいような作品である。星★★☆。

Recorded on December 1981

Personnel: Enrico Rava(to, fl-h), Frank D'Andrea(p), Furio Di Castri(b), Aldo Romano(ds, g)

« Standards Trio誕生の瞬間の一コマ | トップページ | Wolfgang DaunerのECM作:未CD化は当然だろう »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2008年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/17547898

この記事へのトラックバック一覧です: Enrico RavaのECM未CD化アルバム:

« Standards Trio誕生の瞬間の一コマ | トップページ | Wolfgang DaunerのECM作:未CD化は当然だろう »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)