2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« レベルの高い日本のビッグバンドの実力を示す好盤 | トップページ | John Coltrane温故知新 »

2008年1月15日 (火)

Blue Man Group:ナンセンスもここまで行けば心地よい

Pink_s 日本で長期公演中の"Blue Man Group"を見に行った。当初1月一杯の予定が,少なくとも4月までの延長が決まったようであるから,大した人気である。

Blue Man Groupの公演は私がNYCに一時期住んでいた頃からやっていたはずである。それもEast VillageのAstor Place Theaterというオフ・オフ・ブロードウェイのようなところ(回りはニューヨーク大学の学生ばかりである)でやっていて,私もいつか行こうと思いながら,結局はこの年になるまで行き損ねていたというのが実態である。しかし,今はBlue Man Groupも増殖し,世界各地で公演をしているようである(メンバーがどんどん増えているということだろう)。

この人気の秘訣は,ほとんど言葉なしに展開される徹底的にナンセンスなパフォーマンスと,バックエンドあるいは彼らが繰り広げる強烈に「ロック」な演奏が世界共通の言語として通用するからだと思う。いずれにしてもここまで笑わせてもらったのは久し振りである。ということで,この人気,おそらくこうした口コミとリピーターに支えられているのではないかと思われるが,関心がある人は行って損はないと思う。

あー,面白かった。私ももう一回行きたくなってしまった。

« レベルの高い日本のビッグバンドの実力を示す好盤 | トップページ | John Coltrane温故知新 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Blue Man Group:ナンセンスもここまで行けば心地よい:

« レベルの高い日本のビッグバンドの実力を示す好盤 | トップページ | John Coltrane温故知新 »

Amazon検索

2018年おすすめ作