2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ボディスナッチャーの1978年版リメイクは結構怖い | トップページ | 私も今年のベスト盤を... »

2007年12月30日 (日)

コレクターはつらいよ(3)

Jazz_for_a_hot "Jazz for a Hot Cold Sunny Cloudy, Day Night on a Train Plane or Automobile, Alone or with Others..." (Warner Brothers)

おそらく世界で最も詳しいBrad MehldauのディスコグラフィをおさえているドイツのJens Linge氏に教えてもらったアルバムである。これは2000年に出たプロモ・アルバムで,何と言ってもこのジャケ,このタイトルであるから,よっぽどのことがない限り行きつくことのなさそうなものである。

しかし,このアルバムの4曲目にはBrad Mehldau Trioによる"Non Album Track"を堂々と謳った"In the Wee Small Hours of the Morning"が収録されている。同曲はライブなどで演奏していたから,アルバムにも入っているものと思っていたが,正式なレコーディングはここに収められたものだけのようである。詳しいクレジットはないので何とも言えないが,メンツはベースがLarry Grenadier,ドラムスがJorge Rossyで間違いないだろう。

幸いこのアルバムは世の中のEコマース・サイトで入手が容易なので助かったが,こういうのが出てくると,本当にコレクターは辛い。

実はLinge氏のサイトでもう一枚注目のアルバムを発見しているのだが,これがなかなかの曲者で,フランス版オークション・サイトのようなところでブツは大量に出ているのだが,サイトは全部フランス語(仏→英の翻訳ツールを使っても,理解するのに時間が掛かって大変である)だし,発送もフランス国内のみばかりなのである。うーん,これは困った。それについては機会を改めて報告したいと思う。

« ボディスナッチャーの1978年版リメイクは結構怖い | トップページ | 私も今年のベスト盤を... »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

2000年1月blue note tokyoでbrad mehldau trioの演奏を初めて聴いたときのアンコール曲がIn the wee small hours
でした。このときの演奏には鳥肌が立ちましたね。それ以来の彼のファンです。
いずれ、正式に(再度?)この曲を録音して欲しいものです。

カビゴンさん,コメントありがとうございます。本年もよろしくお願いします。

そうですねぇ。この演奏をこうしたマイナーな存在にしておくのは私も勿体ないと思います。Brad MehldauもPat Methenyとの共演はそこそこにして,ピアノ・トリオの地平を切り拓く演奏に戻って欲しいと思っています。(私ははっきり言ってMethenyとの共演はそれほど高く評価していませんので。)

Mehldauについてはもう少しまめに記事にしていきたいと思いますので,よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/17479802

この記事へのトラックバック一覧です: コレクターはつらいよ(3):

« ボディスナッチャーの1978年版リメイクは結構怖い | トップページ | 私も今年のベスト盤を... »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作