2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« これでは伝説にはなれません | トップページ | クリスマスには...メサイアよ »

2007年12月24日 (月)

Brian Bladeの初リーダー作はとんでもない傑作である

Brian_blade_2 "Fellowship" Brian Blade(Blue Note)

現在のジャズ・シーンを牽引するドラマーの一人であるBrian Bladeの初リーダー作であるが,これが何とも素晴らしい出来である。

Blue Noteレーベルでありながら,プロデューサーがU2やBob Dylan等でおなじみのDaniel Lanoisというのは異色ながら,全くコンベンショナルではないモダン・ジャズとしてこれほどの作品に仕上げてくるところがさすがLanoisと言わざるをえない。このアルバムが発売された1998年当時,ドラマーがリーダーのアルバムの中でも私は屈指のものと評価していたが,その感覚は今でも変わらない。初発から間もなく10年になるが,音が全く古びていないのも大したものである。

このアルバムで驚かされるのはBrian Bladeの作曲能力である。全8曲中7曲がBladeのオリジナルであるがこれらが大変魅力的である。ドラマーとして優秀なのはわかっていても,ここまでの才能があるとは当時は思わなかっただけに余計に驚かされた記憶があるが,ルーツ・ミュージック的な要素も示しながらクールな雰囲気の中にも展開される熱い演奏がまた隙がない。

編成としてはある意味変わっている。サックス2管に2ギター(うち1本はペダル・スティールである)にピアノ・トリオという7人編成(一部でLanoisがギターで加わりオクテットとなる)はかなりユニークであるが,Bladeの曲を演奏するにはこの編成でなければならないだろうなぁと思わせるのが先に言ったLanoisの手腕と言えると思う。とにかくこのアンビエンスというか雰囲気は見事としか言いようがない。その中で各人が展開するソロは素晴らしいし,それをバックで統率するBladeのリーダーシップも立派。私はこのアルバムにははっきり言って文句のつけようがないというのが正直なところである。メンバーも必ずしも超有名どころではないが,彼らの実力はこれまた大したものである。

というように様々な要素を織り込んで考えれば,私はこのアルバムには喜んで星★★★★★を謹呈するものである。尚,彼らの第2作にはJoni Mitchellがゲスト・ボーカルで参加しているが,これもBladeがJoniのバックを務めたゆえのことである。やはり優れた人脈は交錯するということである。

Personnel: Brian Blade(ds), Jon Cowherd(p, el-p), Christopher Thomas(b), Melvin Butler(ts, ss), Myron Walden(as), Jeff Parker(g), Dave Easley(pedal steel), Daniel Lanois(g)

« これでは伝説にはなれません | トップページ | クリスマスには...メサイアよ »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Brian Bladeの初リーダー作はとんでもない傑作である:

« これでは伝説にはなれません | トップページ | クリスマスには...メサイアよ »

Amazon検索

2018年おすすめ作