最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« マッチョなJodie Foster | トップページ | またまたRhino Handmadeから登場したAretha Franklinの未発表ライブ »

2007年11月23日 (金)

「ミッドナイト・イーグル」:映画化を前に読んでみたがこれはいかん

Photo 「ミッドナイト・イーグル」高嶋哲夫 (文春文庫)

2008年のお正月映画として公開される「ミッドナイト・イーグル」の原作である。映画版は若干の脚色を加えているようだが,映画の出来はわからないとしても,この原作小説は駄目である。

何が駄目かと言えば,先が読めてしまう展開もそうだが,話を引っ張るために無理なストーリー展開を作り出している点である。これはご都合主義的なストーリーだと言われても仕方がないはずである。何でもかんでも説明すればいいというものではないが,とにかくいろいろ都合がいいように事が運んでしまってはやはり醒める。だいたいこんな話だったら,中国政府は相当怒るのではないかというような無茶な話である。

ここまでご都合主義的に話が進むのだから,映画化は楽だろう。ある意味,映画化を狙ってこういう話にしたのかと皮肉の一つも言いたくなる。原作がこれだけ下らないのだから,映画化されたバージョンが傑作になるはずはない。雪崩やステルス戦闘機,銃撃戦等の映像である程度はごまかせるかもしれないが,脚色を加えたとしてもやはりこれでは無理だろう。

退屈な通勤時間や出張の移動時間の暇つぶしをするにはいいとしても,冒険/サスペンス小説としても全く評価に値しない凡作。星★。

« マッチョなJodie Foster | トップページ | またまたRhino Handmadeから登場したAretha Franklinの未発表ライブ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/17100193

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミッドナイト・イーグル」:映画化を前に読んでみたがこれはいかん:

« マッチョなJodie Foster | トップページ | またまたRhino Handmadeから登場したAretha Franklinの未発表ライブ »

Amazon検索

2017年おすすめ作