2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Richard Tee:やはりA列車しかないだろう | トップページ | なかなか流通経路に乗ってこないDave Liebmanの珍盤 »

2007年11月11日 (日)

久々に聴いた"Pendulum"

Pendulum "Pendulum" David Liebman(Artist House)

実家に帰って久々に聞いたレコード・シリーズ第2弾。先日もLiebmanの新譜については書いたばかりだが,久しぶりに聞いたこのアルバムがあまりにもよかったので,また書いてしまおう。

このアルバムが吹き込まれたArtist Houseというレーベルは,プロデューサーのJohn Snyderが主宰していたレーベルであるが,Snyderという人は音楽に対する取り組みは極めて真摯ながら,商売っ気がない(Snyderの商売っ気のなさはA&Mという大メジャー・レーベルでCecil Taylorなんかを出してしまったのが最たる事例。)ため,アルバムが売れずじまいで,レーベルもすぐにつぶれてしまうのが難点である。Artist Houseも非常にいいアルバム揃いにもかかわらず,長続きしなかったのは誠に残念なことである。

しかし,このアルバムもArtist Houseのほかのアルバム同様,優れた演奏を収めており素晴らしい。メンツからすれば(Lookout Farm+初代QUEST)/2+Randy Breckerのようだが,これは相当燃える。特にLPで言えばA面を占める"Pendulum"が非常にスリリングな出来で最高である。B面の"Footprints"もよいが,この"Pendulum"にはかなわない。特に先発するBreckerのソロは,この人の実力をよく捉えていてこれを聞いて燃えないジャズ・ファンは少ないだろう。また,このアルバムでのAl Fosterのバックからの煽りっぷりもよい。Beirachもいつもより激しく弾いているし,Liebmanの良さも相変らずである。これも偏に名門Village Vanguardが生み出した不思議なケミストリーかも知れないなぁなどとふと思ってしまったが,こんな演奏を眼前でやられたらそれこそ悶絶していただろう。星★★★★☆。

Recorded Live at the Village Vanguard, NYC on February 4 & 5, 1978

Personnel: Dave Liebman(ts, ss), Randy Brecker(tp), Richie Beirach(p), Frank Tusa(b), Al Foster(ds)

« Richard Tee:やはりA列車しかないだろう | トップページ | なかなか流通経路に乗ってこないDave Liebmanの珍盤 »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に聴いた"Pendulum":

« Richard Tee:やはりA列車しかないだろう | トップページ | なかなか流通経路に乗ってこないDave Liebmanの珍盤 »

Amazon検索

2018年おすすめ作