最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Deodatoの新作ライブ:このグルーブはたまらん | トップページ | 「続三丁目の夕日」である。出来やいかに。 »

2007年11月 7日 (水)

動くMahavishnu!

Mahavishunu "Mahavishnu Orchestra Live at Montreux '84/'74" (Montreux Sounds)

何とMahavishnu Orchestraのモントルーでのライブ映像が発売された。Montreux Soundsを通じて,モントルーでの映像作品は多数出ているが,映像があまり多くないはずのJohn McLaughlinだけにこれは買わずにいられまい。

音源としては既にMcLaughlinのモントルーBOXで発表済みであるから,例え音がdtsサラウンド化されているからと言って,演奏そのものに稀少性はない。重要なのは動くMahavishnuが見られるということである。1枚目のディスクに収録された84年の演奏を見ていると,当時の新兵器Synclavier IIってああなっていたんだとか妙な感心の仕方をしてしまうのだが,McLaughlinの指使いを見られるだけで何とも言えない気分になってしまった。あのフレージングはハンマリングだけでやっていたのか!などとマニアックな見方もできるわけだが,とにかく動くMcLaughlinに注目である。収録からずいぶんと時間は経過しているが,McLaughlinは何も変わっていないことを再認識した(いいことなのか,悪いことなのかは別だが...)。ちなみにJonas Hellborgは映像での露出は少ないが,まるで「バグルス」のような風貌で結構笑える。

一方,74年のライブはストリングス・クァルテット付き大編成Mahavishnuである。ここではMcLaughlinのダブルネック・ギターのインレイってなんでそんな派手なのよ?(まるで一時期のSantanaである。さすが魂の兄弟,美的感覚まで一緒か!)とか,プロデューサーになる前のNarada Michael Waldenの力の入ったドラミングをなんで無理矢理McLaughlinのダブルネックの間から撮影しようとするのよ?とかいろいろな突込みを入れたくなってしまった。しかし,McLaughlinのギター・フレーズはこれまた84年のものと何が違うのかというぐらい「まんまMcLaughlin」で笑ってしまう。

つまりJohn McLaughlinはいつまで経ってもJohn McLaughlinであるからこそ,私は長年ファンなのかと思ってしまった。そういう意味では「水戸黄門」を見るようなものか。でもやっぱり私は何だかんだ言ってもMcLaughlinファンであることを痛感させられた。星★★★★。

ところで,このディスク,現状,国内盤と輸入盤に2倍以上の価格差が見られるが,別に国内盤に強力な付加価値があるとも思えず,このプライシングは考えられない。私がリージョン・フリーで通常のDVDプレイヤーでも再生に全く問題がない輸入盤を購入したことは言うまでもない。

Recorded Live at Montreux Jazz Festival on July 7, 1974 and July 18, 1984

Personnel: (1984) John McLaughlin(g), Bill Evans(reeds), Mitchell Forman(key), onas Hellborg(b), Danny Gottlieb(ds, perc)

(1974) John McLaughlin(g), Jean-Luc Ponty(vln), Gayle Moran(key, vo), Ralphe Armstrong(b), Michael Walden(ds), Bob Knapp(fl, perc), Steve Frankovitch(horn), Steve Kindler(vln), Carol Shive(vln), Marsha Westbrook(vla), Phillip Hirschi(cello)

« Deodatoの新作ライブ:このグルーブはたまらん | トップページ | 「続三丁目の夕日」である。出来やいかに。 »

ジャズ」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

え、リージョンフリーってどこで買えました?アマゾンとかで普通に買うとリージョンフリーなんですかね?若き日のビルエバンスが見たいです。

Amazonで売っている輸入盤もリージョン・フリーのはず。私は某CDショップで買いましたが,Amazonの方が若干安いようです。Evansは相変わらず鉢巻きをしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/16960470

この記事へのトラックバック一覧です: 動くMahavishnu!:

« Deodatoの新作ライブ:このグルーブはたまらん | トップページ | 「続三丁目の夕日」である。出来やいかに。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作