最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson | トップページ | Linda Ronstadt:70年代のアイコン »

2007年11月28日 (水)

フュージョンやっているDave Liebman

What_it_is "What It Is" David Liebman(Openskye)

またまたLiebmanである。

これはやはり異色作と言ってよいと思うが,おそらくDave Liebmanが最もフュージョンに傾斜したアルバムである。日本のソニー系列のOpenskyeというレーベルから発表されたものであるが,私が結構Liebmanのファンだからと言っても,あるいは豪華なメンツが参加しているからと言ってもこのアルバムはやはり評価しにくいところがある。フレージングはいつものLiebmanなのだが,伴奏がかなり硬派とは言え完全なフュージョンなのである。ついでにStonesの"Miss You"なんてやられては相当ずっこける。これは時代が生み出したやはり徒花盤の一つと言ってよいかもしれない。

アルバムを聞いていると,結局最もいいのは冒頭の"Paoli's Vision"ではないかと思ってしまうが,Liebmanのソプラノに深いエコーが掛かっているのは何とも違和感がある。また,"Chick Chat"はChick Coreaとのツアー中に書かれたものとのことだが,Chick Corea的なサンバのリズムに乗って軽快に展開されているが,まんまChickのような曲調はどうなのよと言いたくもなる。

はっきり言ってしまえば,ここでのMike Mainieriのプロデュースはうまくいっているとは思えないし,Liebmanとしてもこうした演奏が成功しているとは思えない。せっかくこれだけのメンツをそろえているのにこれは惜しい。ここはもっとハイブラウにやって欲しかったというのが正直なところである。確かにこのアルバムが吹き込まれた当時,LiebmanはChick Coreaのバンドや日野皓正のバンドでややフュージョンよりの活動をしていたような記憶もあるが,その後Liebmanがそうした活動から足を洗ったように思えるのは本人としても資質との違いを認識していたからではないだろうか。星★★。

Recorded in 1979

Personnel: Dave Liebman(ss, ts, synth), John Scofield(g), Kenny Kirkland(p, key), Marcus Miller(b), Steve Gadd(ds), Don Alias(perc), Mike Mainieri(synth)

« ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson | トップページ | Linda Ronstadt:70年代のアイコン »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

実はこのCD大好きです(笑)。

3曲目かな、5拍子かなんかの曲とかいい感じではあります。

リーブマンはこの手の音楽を卒業したはずだったのですが、去年だかおととしだか、Flashpointっていうのに参加してますよね。Steve SmithとかAnthony Jacksonとかとやってる。Steve Smithはイマイチなんですが、このアルバムも80年代初頭のフュージョンを思い起こさせて結構好みだったりします。逆に、最近の重いリーブマンは結構疲れるかな。

けなしてすんませーん。

ところで新潟ライブ大成功のようで,なによりでした。

日本制作盤だとこうなるんだ、って感じですよね。個人的にはこういうのもアリだとは思うんですけど、意外にも当時はこういうのが売れていた時代だったのかもしれません。

ただ、彼自身のアルバムでは、割と売れセンのフュージョンタッチのものは、自分では見かけたことが無いような気がするので、何だか、やらされた感が強い感じもしています。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

日本制作も正直言って玉石混交って感じでしたが,これなんかは売れ筋狙いが露骨ながら,Liebmanが全然合ってないって感じだと思いました。

いずれにしても,LPは実家に置いたままかもしれませんが,まぁ今後は聞かなくてもいいかなって感じですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/17172342

この記事へのトラックバック一覧です: フュージョンやっているDave Liebman:

» What It Is/Dave Liebman [ジャズCDの個人ページBlog]
ジョン・スコフィールドサイド参加作の5日目。このアルバムはデイヴ・リーブマンの日 [続きを読む]

« ピアノもヴァイブもいけてるDon Thompson | トップページ | Linda Ronstadt:70年代のアイコン »

Amazon検索

2017年おすすめ作