2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Bill Evansの珍しいメンツによるライブだが,音がねぇ... | トップページ | Eagles 28年振り(!)のフル・オリジナル・アルバムは... »

2007年11月 4日 (日)

インベージョン:3度目のリメイク

Invasion 「インベージョン(The Invasion)」(米,'07,Warner Brothers)

監督:Oliver Hirshbiegel

出演:Nicole Kidman,  Daniel Craig, Jeremy Northam, Jackson Bond, Jeffrey Wright, Veronica Cartwright

このブログで,本作のオリジナルである「ボディスナッチャー/恐怖の街」を低予算でも面白い映画はできると紹介したことがあるが,この作品は3度目のリメイク,即ち4回目の映画化ということになるが,金が掛かっている(Nicoleのギャラだけで1,700万ドル:約20億円らしい)割にはどうもよろしくない出来である。

何と言ってもシナリオがよろしくないのが致命的であり,ご都合主義的ストーリー展開と言われても文句は言えない。あれだけの感染力を持つウイルスが,NicoleやDaniel Craigも入れるような研究所内でなぜ感染しないのかとか,そんな簡単にワクチンが作れるのかとか,いつDaniel Craigは寝たのかとか,文句や疑問を言い出したらきりがない。

それでもNicole Kidmanは相変わらずの美しさだし,96分という適切な長さもあって,まぁそれなりには見られるが,それでもこのストーリー展開はまずいだろう。大体,Nicoleが眠りそうになると現れるCGでのウイルスのイメージもしつこい。「Nicole Kidmanは眠らないように苦闘するが,観客が眠らないようにするのも困難だ」という米国メディアの辛辣な批評もうなずける。結局,一向に盛り上がらないサスペンス映画ということで,Nicole Kidmanでなくても全然構わない映画である。こういうのをキャストの無駄使いという。

「ヒットラー~最期の12日間~」を撮ったOliver Hirshbiegelにとって,これが米国映画デビューとなったわけだが,プロデューサーのJoel Silverと随分もめたらしく,一部は彼が撮っていないシークェンスも入っているようである。これが彼のキャリアの汚点と言われないことを祈りたいが,駄目なものは駄目である。Nicoleの美貌に免じて星★☆。でもあれだけ寝不足なら目に隈でもできそうなものだが...。とまた文句を言ってしまった。やっぱりご都合主義のシナリオだ。オリジナルに全く及ばぬ凡作。ちゃんとオリジナルをDVDで発売せんかい!と言っておこう。

ところで,余談ながらこの映画を見に行った際に,以前このブログで私が暴挙と呼んだ織田裕二による「椿三十郎」のリメイク版の予告編を流していたのだが,これが予想以上に駄目である。何がか?織田裕二の台詞回しである。イモな演技も甚だしい。これでは黒澤明と三船敏郎に対してあまりに失礼である。期待感を高めるはずの予告編を見て,行く気を失せさせる映画というのも珍しいが,監督の森田芳光も何を考えているのやら。やはりこれは暴挙であった。今度は「隠し砦の三悪人」までリメイクされるらしいが,いくら長澤まさみが出ると言っても,これも考えものである。

« Bill Evansの珍しいメンツによるライブだが,音がねぇ... | トップページ | Eagles 28年振り(!)のフル・オリジナル・アルバムは... »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インベージョン:3度目のリメイク:

« Bill Evansの珍しいメンツによるライブだが,音がねぇ... | トップページ | Eagles 28年振り(!)のフル・オリジナル・アルバムは... »

Amazon検索

2018年おすすめ作