最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Jimmy Smith:懐かしのFourmost | トップページ | Marc Copland:注目はMichael Breckerとの共演だが... »

2007年10月 7日 (日)

藤原伊織:今度こそ最後か

Photo 「名残り火(てのひらの闇2)」 藤原伊織(文藝春秋)

5月に藤原伊織が亡くなって,当ブログでも「ダナエ」,「遊戯」の2作を紹介してきたが,今般,最後(今度こそ本当に最後だろう)の長編として,本作が発売になった。

タイトルにもあるとおり,「てのひらの闇」の主人公,堀江が約8年ぶりに再登場し,典型的なハードボイルドの世界を展開している。前掲の2作が短編集であり,藤原の長編への渇望感が強かった私であるから,この作品は大いに楽しめた。

最近の藤原伊織の作品に共通するパターンだが,業界ネタを使いつつ,かなりありえない展開を示すという感覚は本作でも強いし,やや説明不足の記述も残っている(特に殺人実行者の心の動きが掘り下げ不足である)。しかし,本作の推敲中に藤原が逝去したそうであるから,ある意味,不完全性には目をつぶらなければならないだろう。

それにしても相変わらずのストーリーテリングの妙と言うべきであろう。私はあっという間に読了してしまったが,ここまで読者を引き込む力はやはり立派である。うまい人は短編でも長編でもうまいのである。本作を読んでいて,「てのひらの闇」を再読したくなるのは私だけではないと思う。ここでも追悼の意味を込めて半星オマケして星★★★★☆。

« Jimmy Smith:懐かしのFourmost | トップページ | Marc Copland:注目はMichael Breckerとの共演だが... »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/16652244

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原伊織:今度こそ最後か:

» 名残り火(文藝春秋)藤原伊織 [本の口コミ情報:ブログでbook!]
「名残り火(文藝春秋)藤原伊織」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「藤原伊織、最後の長篇小説。無... [続きを読む]

« Jimmy Smith:懐かしのFourmost | トップページ | Marc Copland:注目はMichael Breckerとの共演だが... »

Amazon検索

2017年おすすめ作