2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 藤原伊織:今度こそ最後か | トップページ | Stefano Di Battista:新作はBaptiste TrotignonのハモンドB3に注目 »

2007年10月 8日 (月)

Marc Copland:注目はMichael Breckerとの共演だが...

Marc_copland_and"Marc Copland And..." Marc Copland(hatOLOGY)

いつも美しいピアノを聞かせるMarc Coplandが"Hauted Heart and Other Ballads"のトリオにゲストとしてJohn AbercrombieとMichael Breckerを迎えた作品であるから,期待が高まるのが人情というものである。但し,AbercrombieとBreckerは個別でのゲスト出演なので,ここには彼らの共演は収められていない。いずれにしても,ここでの注目がBreckerとの共演に集まることは当然である。

結果はと言えば,2曲目のCoplandオリジナル"See You Again"はまだしも,8曲目のHerbie Hancock作"Cantaloupe Island"はさすがにないだろう。どう考えても,Coplandの個性ともBreckerの個性とも合った選曲とは到底思えない。ということで私は"Cantaloupe"でずっこけた訳だが,John Abercrombieとの共演も,ぞくぞくするほどの出来にはなっていない。これなら先日紹介したJazz Cityレーベルの両者の共演作"My Foolish Heart"の方がずっとよく聞こえる(記事はこちら)。

本作も"Haunted Heart and Other Ballads"での"My Favorite Thngs"同様にPaul Simon作の"Old Friends"が3回演奏されているが,私としてはどうせならその路線でやってもらった方がずっとよかった。やはりCoplandにはもっと耽美的なスタイルでのぞんで欲しいのである。ということで,最悪とは言わないが,期待を裏切られたこともあり,星★★。残念。

Recorded on June 6&7, 2002

Personnel: Marc Copland(p), Michael Brecker(ts), John Abercrombie(g), Drew Gress(b), Jochen Rueckert(ds)

« 藤原伊織:今度こそ最後か | トップページ | Stefano Di Battista:新作はBaptiste TrotignonのハモンドB3に注目 »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Marc Copland:注目はMichael Breckerとの共演だが...:

« 藤原伊織:今度こそ最後か | トップページ | Stefano Di Battista:新作はBaptiste TrotignonのハモンドB3に注目 »

Amazon検索

2018年おすすめ作