2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Keiko Leeによるポップ・ソング・カバー集 | トップページ | 素晴らしいChristine McVieのソロ・アルバム »

2007年10月30日 (火)

Freddie Hubbardの未発表ライブ音源

Hubbard ゛Fastball: Live at the Left Bank゛ Freddie Hubbard (Hyena)

HyenaレーベルのLeft Bankでのライブと言えば,Stan Getz盤を思い出すが,Getz盤と時期は随分と異なるが,同じ場所でのFreddie Hubbardのライブ音源が出ている。Freddieと言えば,リスナーを燃えさせるフレージングで私も好きなラッパだが,このライブ盤は今イチである。

どうもこのアルバムでのFreddieは勢いまかせというか,相変わらず威勢はいいのだが,フレージングがあまり面白くない。また,せっかく結構いいメンツを揃えているのに,それを活かしていないのも気になる。Kenny Barronは結構ソロ・スペースをもらっているが,Bennie Maupinなんて全然目立っていない。これがMaupinの実力と言ってしまえばそれまでだが,そのMaupinもLee MorganとのLighthouseでのライブはずっとよかったから,これはFreddieとの相性の問題かもしれない。

Freddieはリーダーとしては決定的な傑作を残していないように思えるが,これがリーダーとしての彼の限界のように思えてきた。結局,彼はプレイヤーであって,リーダーではないのだろう。プレイヤーとしてのFreddieを活かすためには,同等あるいはそれ以上のパートナーかリーダーが必要だったということであろう。Jazz Messengers,あるいはVSOPやHerbie Hancockの゛Maiden Voyage゛で光っていたのは,リーダーのBlakeyやHancockゆえという側面を感じざるをえない。ということで,星★★☆。このCD,値段が安かったから文句はないが...。(十分言っている?)

Recorded Live at the Famous Ballroom, Baltimore, on April 23, 1967

Personnel: Freddie Hubbard(tp), Benny Maupin(ts), Kenny Barron(p), Herbie Lewis(b), Freddie Waits(ds)

« Keiko Leeによるポップ・ソング・カバー集 | トップページ | 素晴らしいChristine McVieのソロ・アルバム »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Freddie Hubbardの未発表ライブ音源:

« Keiko Leeによるポップ・ソング・カバー集 | トップページ | 素晴らしいChristine McVieのソロ・アルバム »

Amazon検索

2018年おすすめ作