最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Gateway:やはり強力なトリオである | トップページ | 豪華ゲストを迎えたManhattan Transferのカバー・アルバムは楽しく聞けるのだが... »

2007年9月 9日 (日)

宮部みゆきの新作は相変わらず読ませるが...

Photo 「楽園」 宮部みゆき(文藝春秋)

宮部みゆきが「模倣犯」の主人公,前畑滋子を再登場させて描いた新作である。さすがに宮部,今回も読ませる筆力は健在だが,本作はいかんせん話に無理がある。

サイコメトラーの少年についても説明不足,下巻での急展開もある意味,ここまでいくとありえない世界である。フィクションだからよいという話ではない。「模倣犯」はもっとまともにプロットが書かれていたはずだが,この作品には帳尻合わせ的なストーリー展開が多過ぎるように感じられる。

これは前畑滋子という「模倣犯」でのキャラクターを使った作品であるが,残念ながら,「模倣犯」のような痺れるような緊張感はないし,意図的に説明を省いているように思える部分も感じられるストーリーテリングにも難があるということで,「模倣犯」と到底同格には扱うことができない凡作である。

どうも最近の宮部みゆきの作品は何ともゆるい「名もなき毒」といい,本作といい,我々の期待を裏切り続けていると言わざるをえない。我々の期待が高過ぎるのか,それとも宮部の才能が枯渇したのか。まだまだ枯渇するような才能ではないはずである。一気に読ませてもらったエンターテインメント性は評価するが,どうにも納得のいかない作品なので,星★★☆。

« Gateway:やはり強力なトリオである | トップページ | 豪華ゲストを迎えたManhattan Transferのカバー・アルバムは楽しく聞けるのだが... »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

先日、帰国される方のセールで、宮部みゆみさんの文庫を売りに出されていたので、問い合わせしたところ、一足違いで今回はゲットできませんでした。

ブログの方で、宮部さんについて書かれていたかと思って、検索させて頂きました。東野氏、藤原氏に続き、宮部女史についても、何かお勧め本があれば、是非、御教授下さい。

今まで日本のブックオフを利用したことがなかったので、今からとても楽しみにしています。勿論、調達できない本は、本屋で。。池袋にもかなり大きな本屋が何年か前にできたそうで、是非、立寄って見たいと思っています。

今、筒井康隆氏の家族八景という本を読んでいます。

Laieさん,こんにちは。

宮部みゆきなら「火車」,「模倣犯」,「理由」のどれかをお読みになっている限り,はずれはありません。でもこうして並べてみると,この人の本は重いなぁ...って思います。でもこの3作は間違いなくご推奨できます。多分,ブックオフならいくらでも売っていますね。

ところで,ご帰国の際,東京でお時間がおありのようでしたら,オフ会でもいかがでしょうか。

Toshiyaさん、こんにちは。

宮部さんの本の御紹介、有難うございました!既に、メモらせて頂きました。セールに出されていた本の中に、理由、という本があったので、きっと、人気物語だったんでしょうね。

オフ会いいですね!日程が合うようでしたら、良いのですが。。。後ほど、メール致しますね。

Laieさん,こんばんは。お役に立つかどうかはわかりませんが,私の中ではその3作なら,かなり高評価です。もちろん,どの作品にも賛否両論はあると思いますが,私の場合,宮部みゆきにはこれらの作品で感じられるような緊張感を求めているのかもしれません。

やや系統は違いますが,高村薫もいいですよ。

Toshiyaさん、こんにちは。

御紹介して下さった本も、作者も知らなかったので、お勧めして頂ければ、素直に嬉しく思います。

帰国セールで大量に得た文庫の中には、実際、これちょっと物足りないなぁ、とか、う~ん、何処か違うなぁ、と思う本もありますが、まあ、それはそれで、という感じでしょうか(苦笑)。中には、ビンゴもあるので、期待しないで、本と作者の出会いに触れることができるといいな、と思っています。

高村薫さんですか。ブックオフでチェックしてみます!

先ほど、メールしましたので、御確認のほど宜しくお願い致します。

Laieさん,おはようございます。書籍に対する好みは人それぞれですから,お手にとってお確かめ下さい。

ちなみに高村薫は私は昔の本の方が好きです。

Toshiyaさん、こんにちは。

先日、池上彰氏の、これが週刊こどもニュースだ、ニュースの読み方使い方、という文庫本2冊を読み終え、今、宮部みゆきの、今夜は眠れない、という文庫を読み始めているところです。久々のミステリーです♪

池上氏は、子供ニュース番組を担当されていたのですね。全く知りませんでした。。。成田空港の書店で、かなり宣伝されていたので、衝動買いで買ってみたのですが、報道番組の裏側からキャスターとしての立場や見解を色々な角度から紹介して下さって、中々読みやすく、好感が持てました。

宮部みゆきは、以前お勧めして下さった、火車、模倣犯(一のみ)の文庫が手元にあります。

話はそれますが、2週間に毎年一度、フランクフルトで開催される楽器メッセに行って来ました。一般入場は一日のみで、かなりの来客で賑わっていました。ヨーロッパでは一番大きな楽器メッセだそうです。どの楽器コーナーも試演自由とあって、楽器購入予定者などには打ってつけの場となっていたでしょう。

主人は、Eギターやクラシックギターをチェックし、メッセでチェックしたギターが一昨日届き、とても喜んでいます。後ほど、また、直接、主人からコメントさせてもらうかもしれません。昨日は、CD店へ一緒に行ったのですが、以前勧めて下さったギターリストのCDはなかったぁ~。。と残念がっていました。

Laieさん,こんばんは。池上彰はずっとNHKの「週刊こどもニュース」でお父さん役をやっていたので,子供にもわかるように説明するという術をそこで磨いたのが,最近の活動に反映されています。

楽器メッセですか。いいですねぇ。多分,集まってくる楽器の数も質もとてつもないんでしょうね。ギターはどういうのをお買い上げなのでしょうか。私はもう楽器は打ち止めだと思いますが,こういう話を聞くと,また買いたくなってしまいますね。

ところでギタリストって,Wes Montgomeryですかね。Amazonですぐ買えますよ,きっと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/16366945

この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆきの新作は相変わらず読ませるが...:

« Gateway:やはり強力なトリオである | トップページ | 豪華ゲストを迎えたManhattan Transferのカバー・アルバムは楽しく聞けるのだが... »

Amazon検索

2017年おすすめ作