最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« ロフト派Hamiet Bluiettの渋~いライブ・アルバム | トップページ | 加古隆のハードなジャズ・セッション »

2007年9月19日 (水)

Larry CarltonとSteve Lukatherのライブ:もはやこれはロックである

Lcsl "No Substitutions: Live in Osaka" Larry Carlton & Steve Lukather(Favored Nations)

オープニングがいきなりJeff Beckが"There & Back"で弾いた"The Pump"から始まるのと,大阪のオーディエンスの異常な乗りに驚かされるアルバムである。もはやこれはフュージョンのカテゴリーではなく,間違いなくロックのアルバム(特に冒頭の2曲はそうだ)である。Lukatherは2曲目の"Don't Give It Up"にもBoz Scaggsの"Breakdown Dead Ahead"やJeff Beckの「ライブ・ワイヤー」版"Freeway Jam"を引用したりして,これまたロック色を敢えて打ち出しているようにも思える。また,ドラムスのGregg BissonetteもCarltonとの共演歴はあるとしても,基本的にはロックの人だから,ロック色が強くなるのはある意味当然なのだが...。ついでに言えば,プロデューサーにSteve Vaiの名前まであるから,これまたロックになっても仕方はあるまい。

さて,主役のLarry CarltonとSteve Lukatherが本当の師弟関係にあるかは知らないが,LukatherがCarltonの影響を受けていることは事実のようである。その割に随分とギターのトーンは違うと思わざるをえないが,それでも結構いいコンビネーションで楽しめるアルバムとなっている。

レゲエ・タッチを感じさせながら,Milesの"Tutu"のような感覚を覚えさせる長尺(14分を越えている)の"All Blues"は演奏としては明らかに冗長(ここでもLukatherは完全にハード・ロックになっている)であるが,こうしたセッション・アルバムゆえ仕方がない部分もあろう。ここは難しいことは言わず,CarltonとLukatherのバトルを楽しめばよい。最後はお決まりのように"Room 335"だし...。多分アンコールで演奏されたもののように想像されるが,こちらは逆に演奏時間が短く,やや欲求不満が残る感じ。イントロを短くしてもうワンコーラスずつソロをやってもよかったのではないだろうか。

いずれにしても,私もギタリストの端くれとしては結構楽しんだが,だからどうなのよと言うこともできるようなアルバム。ということで全体としては星★★★☆ぐらい。

Recorded Live at Blue Note Osaka, in November 1998

Personnel: Larry Carlton(g), Steve Lukather(g), Rick Jackson(key), Chris Kent(b), Gregg Bissonette(ds)

« ロフト派Hamiet Bluiettの渋~いライブ・アルバム | トップページ | 加古隆のハードなジャズ・セッション »

ジャズ」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/16458489

この記事へのトラックバック一覧です: Larry CarltonとSteve Lukatherのライブ:もはやこれはロックである:

« ロフト派Hamiet Bluiettの渋~いライブ・アルバム | トップページ | 加古隆のハードなジャズ・セッション »

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)