最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« あなどってはならないMike Sternのストレート・アヘッド・ジャズ | トップページ | MJQ:やはり"Softly as in a Morning Sunrise"である »

2007年8月16日 (木)

コレクターはつらいよ

Hottest_state "The Hottest State: The Original Motion Picture Soundtrack" (Hickory)

私はBrad Mehldauのコレクターとして,彼の参加しているアルバム(ブートレッグは除く)は全て入手しようと日夜頑張っているのだが,こうしたコレクターの財布泣かせなのが,1曲だけ参加のアルバムということになる。発行枚数の少ないプロモ盤に比べれば,入手ははるかに楽ではあるが,こうしたアルバムをきっちりフォローしていくのもなかなか楽ではない。

このアルバムは1週間ほど前に発売されたものだが,これもあやうく見逃しかねないアルバムであった。たまたま入ったCDショップでのポップで発見,即購入である。Ethan Hawkeが監督したこの映画については内容はよくわかっていないが,音楽をJesse Harrisが全面的に担当し,Brad Mehldauはそのうち1曲(この映画のテーマ曲と思しき"Never See You")をピアノ・ソロで美しく決めている。

この1曲のためだけにこのサウンドトラックを買わなければならないとすれば,確かに辛いところもあったのだが,このアルバム,Willie Nelson,Emmylou Harris,Bright Eyes等に加え,Norah JonesやJesse Harris本人の本アルバムのための演奏も収められており,アメリカン・ミュージック好きにとっては結構お買い得なアルバムとも言える。

ただ,サウンドトラック盤の例で言えば,Brad MehldauはStanley Kubrickの"Eyes Wide Shut"にも1曲収録されているが,これは"Art of the Trio, vol.1"からの借用というパターンなのだが,それは買って,ライナーをチェックしてみないとわからないので,私にとっては一番困るのである。私はコレクターだが,同じ音源をいくつも集める趣味はない。あくまでも彼の公的なオリジナル演奏を全て収集したいだけなのである。そうした意味で,無駄な出費を避けるためにもコレクター間の情報ネットワークは重要であり,私としては同好の志大歓迎である。

閑話休題。このアルバムに関しては,私の音楽の嗜好とあっているので大いに結構である。詳しいパーソネルは省略するが,Jesse Harrisファンは買って損はない。星★★★★。

« あなどってはならないMike Sternのストレート・アヘッド・ジャズ | トップページ | MJQ:やはり"Softly as in a Morning Sunrise"である »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

SSW/フォーク」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

Brazilian GuitarlistのVinicius Cantuariaの新譜CymbalsでBrad MehldauがPianoを弾いています。

カビゴンさん,コメントありがとうございます。Viniciusのアルバムは明後日アップするつもりでいました。こういうアルバムをフォローするのは大変ですから,これからもご教示よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/16123726

この記事へのトラックバック一覧です: コレクターはつらいよ:

« あなどってはならないMike Sternのストレート・アヘッド・ジャズ | トップページ | MJQ:やはり"Softly as in a Morning Sunrise"である »

Amazon検索

2017年おすすめ作