最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Ned Doheny:このウエストコースト的サウンド | トップページ | 富樫雅彦:またも追悼記事は寂しい »

2007年8月27日 (月)

多くのギタリストにチャンスを与えたECMレーベル

Steve_eliovson "Dawn Dance" Steve Eliovson(ECM)

今や多数のカタログを擁するECMレーベルであるが,その歴史を振り返れば,多くのギタリストにチャンスを与えてきたレーベルだと思う。その中で今や最もメジャーになったのはもちろんPat Methenyであるが,そのほかにも多くのギタリストがECMレーベルを去来した。Steve Eliovsonもその一人である。

本作はEliovsonのECMレーベルにおける唯一の作品であり,全編をアコースティック・ギターで通したアルバムで,Colin Walcottが共演している。Colin Walcottと言えばOregonであるから,当然,このアルバムでもRalph Towner的な響きを想定することもできるが,雰囲気はかなり違う。これはEliovsonが全編でスチール弦を使っていることもある(Townerはスチール弦は12弦専門である)が,この多重録音を多用したアルバムにおいて,伴奏のアルペジオは指弾きと思われるのに対し,メロディ・ラインの演奏にはピックを使用した単音フレーズで対応していることがTownerとの雰囲気の違いであるように思える。また,メロディアスと言えばメロディアスなラインを紡いではいるものの,Townerのリリシズムの域には及ばないような気がする。

Eliovsonのギターは時に速弾き的フレーズも交えているが,基本的にはかなり落ち着いたトーンで美しい音楽を全編で聞かせており,フォークとエスニック・ミュージックとヒーリングが交じりあったような典型的ECMレーベルのサウンドになっていると言ってもよいだろう。ややハーモニクスの多用が気になると言えば気になるが,Walcottとの相性もよく,ECMレーベルの音楽を愛好するリスナーは必ずや気に入るタイプの音楽である。

但し,EliovsonによるECMレーベルでの作品が本作一作で終ってしまったこともあり,なかなか注目を浴びる機会の少ないアルバムではある。あまり目立つことはないとは言え,埋もれさせるには惜しい作品である。ジャケットはご覧のとおりの素晴らしさ。星★★★★。

Recorded in January, 1981

Personnel: Steve Eliovson(g), Colin Walcott(perc)

« Ned Doheny:このウエストコースト的サウンド | トップページ | 富樫雅彦:またも追悼記事は寂しい »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/16171700

この記事へのトラックバック一覧です: 多くのギタリストにチャンスを与えたECMレーベル:

« Ned Doheny:このウエストコースト的サウンド | トップページ | 富樫雅彦:またも追悼記事は寂しい »

Amazon検索

2017年おすすめ作