2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« これまた懐かしの"Sugar" | トップページ | Rachel ZによるWayne Shorter曲集 »

2007年7月17日 (火)

素晴らしいRachael Yamagataのデビュー作

Rachael "Happenstance" Rachael Yamagata(RCA Victor)

このアルバムが発売されたのは2004年,私が購入したのはそれから随分経ってからのことである。いずれにしても彼女の日本公演が終ってしまってからだったのは私にとっては痛恨事である。そう思わせるほど,このアルバムはよい。

何がよいか。彼女の声と作曲能力である。私はJoni Mitchell,Ricky Lee Jones,Laura Nyroなどの女性ボーカリストが好きなのだが,私のフレイバーにこれほどフィットしたボーカリストは近年いない。はっきり言ってしまえば,Nora Jonesよりはるかに好きである。まさにピンポイントで私の心をえぐられたと言ってもよいだろう。

アルバムはどこから聞いてもいい出来だが,どちらかと言えば,ダークな基調を持つ音楽である。そこが好き嫌いの分かれ目だと思う。いずれにしてもチャラチャラしたところは一切ない大人のためのアルバムと言ってもよい。私にはある意味,この「暗い」感覚がたまらないのである。尚,13曲目が終った後,約3分30秒の無音状態の後にシークレット・トラックが入っている。最後を締めるこの弾き語りを聞き逃すことなかれ。星★★★★★。尚,本盤の国内盤のジャケットはRachaelの本質と異なるようなポートレートが使われていて,私ははっきり言って気に入らない。彼女の本質を示すにはここに掲げた原盤のジャケットこそ相応しい。

それ以来,Rachael Yamagataの動静はあまり伝わってきていないが,彼女のWebサイトによれば,"New Album Coming Soon"とある。今から期待が高まっている私である。

« これまた懐かしの"Sugar" | トップページ | Rachel ZによるWayne Shorter曲集 »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

コメント

愛らしい写真と推薦文に引かれて購入しました。たしかにちょっと暗い。けどよい声と音楽ですね。夜ゆっくりと聴き直します。

そうですねぇ。確かに暗いと言えば暗い。だから「どちらかと言えば,ダークな基調を持つ音楽である。」と書きました。まぁ昼よりは圧倒的に夜にフィットする音楽ではあります。お試しあれ。

推薦盤を購入してくれるのはあなただけのような気も...。でも参考になればハッピーですので,今後ともよろしくお願いしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしいRachael Yamagataのデビュー作:

« これまた懐かしの"Sugar" | トップページ | Rachel ZによるWayne Shorter曲集 »

Amazon検索

2018年おすすめ作