最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 参議院議員選挙結果について思う | トップページ | 感動に値しない秋川雅史 »

2007年7月31日 (火)

「このミス」の評価が当てにならんことを実証するような作品

Photo 「葉桜の季節に君を想うということ」 歌野晶午 (文春文庫)

地方出張をしていると,移動時に軽い本が読みたくなることがある。本書は名古屋に出張したときに,ある書店で大量に平積みされていた文庫本で,試しに買ってみた。私にとってはこれが作者の初体験だが,ちなみにこの書籍,2004年度版「このミステリーがすごい」国内第1位だそうである。そうしたランキングは売上げに直結するわけだから,私としても,相応の期待がなかったわけではない。

しかし,この本,私としては極めて微妙である。この「落ち」を読んで「やられた」と思うか,「何じゃそりゃ」と思うかは個人の勝手だが,「このミス」の評者たちは前者の反応,私は後者の反応をしただけである。確かに人の思い込みの怖さを痛感させられると言えばそうとも言える。また,何だかんだと言いつつ,私もあっという間に読了してしまったので,それなりには楽しめる。しかし,これをミステリーと呼べるかと言えばこれまた微妙なところであるし,期待に応える出来かと言えば,それも?である。この「落ち」だけで,本作を2004年度最高作とは言えないだろうし,もっと優れた小説などいくらでもありそうなものである。だから私にとっては「このミス」など当てにならないということになる。

結局のところ,筋書きはさておき,この「落ち」をどう評価するかでこの本に対する考え方は変わってくるということである。確かに伏線はちゃんと張ってあると言えばその通りだが,私にしては「それにしても・・・」である。地方出張の移動時間の暇つぶしにはよかったが,長い間,記憶に残るような本ではないというのが私の評価である。星★★。

« 参議院議員選挙結果について思う | トップページ | 感動に値しない秋川雅史 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/15925261

この記事へのトラックバック一覧です: 「このミス」の評価が当てにならんことを実証するような作品:

« 参議院議員選挙結果について思う | トップページ | 感動に値しない秋川雅史 »

Amazon検索

2017年おすすめ作