2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Deep Purple:私の洋楽の原点の一つ | トップページ | 「このミス」の評価が当てにならんことを実証するような作品 »

2007年7月30日 (月)

参議院議員選挙結果について思う

結果ははなからわかっていた話であるが,その通りの結果がこの度の選挙で出た。私はリベラルな人間なので,自民党がLiberal Democratic Party(LDP)という英文名称を使うことに強い違和感をずっと感じてきていた。アメリカで言えば,共和党=保守,民主党=リベラルという色の違いがあっていいのだが,自民党は嫌いだとしても,日本の民主党もリベラルとは言えないよなーと思っていたのも事実である。しかしながら,LDPが完膚なきまでに叩きのめされたのは,私にとっては爽快であった。George W. Bushをじょーじ・どあほう・ぶっしゅと呼び,一国の宰相を"Shinzo Aho"と言っている人間にとっては当然の結果である。

しかし,これだけでは画竜点睛を欠いている。東京都で何の思想もなく,選挙権の行使にも全く関心のなかった「まるかわたまよ」なる候補者に当選確実がついたそうである。私は選挙運動で泣けば人の同情を買える,あるいは,物好きな一部上場会社社長を後援会長に据え,そのコネを使いまくって認知度向上を図ろうとするこの「まるかわ」くんは泡沫候補だと信じてきたが,こういう輩を当選させる一部の東京都民の民度はあまりにも低いと言わざるをえない。(また,その後援会長を引き受ける当該企業の社長も社長である。業績を考えればほかにやることがいくらだもあるだろうと言っておきたい。)

私はこのブログは音楽,映画,読書あるいは私の趣味のために運営してきた。しかし,私には私の政治信条もある。今回の選択を民意だと言い張ることは出来よう。しかし,なんでLDPの中でも「ほさかさんぞう」君ではなく,「まるかわたまよ」君なのか。私には「まるかわ」君に投票した人々の意図は決して理解することはできないし,この民度の低さは「おぶちゆうこ」君を当選させたどこかの県民に通じるものを感じさせる。向う六年間,東京都民あるいは日本国民は,この泡沫参議院議員のために税金を空費することになるということがなぜわからないのか。

LDPが大敗したことは今後の日本の政治にとってはいいことだとは思うが,細かいことを見れば,なんでそうなるのという選挙区も多数ある。「おざわいちろう」君はこのタイミングで体調を崩したらしいが,体調が悪かろうがなんだろうが,出てくるのが「おざわ」君のつとめであったと思う。今のままでいけば,民主党は「どいたかこ」君時代の社会党のような一時的な(マドンナ)ブームに終る可能性もあると真剣に考えていないのだとすれば,この国の政治は終っている。LDP大敗を喜びつつ,将来が心配になって,思わず書いてしまった。

私の今の気持ちを言い表す最も適切な言葉は「アンビバレント」ってことになるのだろうなぁ。

« Deep Purple:私の洋楽の原点の一つ | トップページ | 「このミス」の評価が当てにならんことを実証するような作品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参議院議員選挙結果について思う:

« Deep Purple:私の洋楽の原点の一つ | トップページ | 「このミス」の評価が当てにならんことを実証するような作品 »

Amazon検索

2018年おすすめ作