2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Herb Gellerの最高傑作 | トップページ | Dolphyファンこそ必聴のColtraneのVanguardボックス »

2007年7月23日 (月)

皆でDon Siegelをちゃんと評価しよう

Charley 「突破口!("Charley Varrick")」 (米,' 74,United Artists)

監督:Don Siegel

出演:Walter Matthaw, Joe Don Baker, Felicia Ferr, Andy Robinson, Sheree North, John Vernon

Don Siegelと言えば普通は「ダーティ・ハリー」である。確かにDon Siegelは今や巨匠と化したClint Eastwoodの師匠のような立場にあり,Eastwoodとのつながりも深いが,決してそれだけではない人である。低予算でこれだけ人をワクワクさせる監督もいないのであって,もっと評価されて然るべき人である。

今回,"Don Siegel Collection"という4枚組みのボックスセットが発売されたが,そこに収められているのが,「突破口!」,「ガンファイターの最後」,「殺人者たち」,「ドラブル」という渋いセレクションである。本日はそのうちの「突破口!」について書くが,これが冒頭からB級っぽい雰囲気と明らかに低予算というのを感じさせ,私のようなオジさんはそれだけでワクワクしてしまう。

はっきり言って筋書きは無茶苦茶である。しかし,こうした話をちゃんと時間だけもたせるだけでなく,きっちり落とし前もつけるところがDon SiegelのDon Siegelたる所以である。終った後は結構爽快なので,昔の映画館なら拍手が沸くのではないかと思わせる。まぁ,それでもやっぱり話は無茶苦茶なので,お芸術指向の映画ファンが決して見てはならない映画とも言える。しかし,そうしたお芸術指向の映画ファンには決して理解されないであろうこの映画の持つテンポを私は評価するのであって,小さいことには目をつぶるぐらいの度量が必要である。

この映画の主役,Walter Matthawはここでも飄々とした演技を見せており,いつも通りである。また,「ダーティ・ハリー」で狂気の犯人,「さそり」を演じたAndy Robinsonがここでも相当の変態ぶりを示すとともに,Joe Don Bakerがあくまでもにくたらしくて,これまたうれしくなる出来である。金を掛けなくても,CGを使わなくても,面白い映画は出来るのだということを認識させてくれる映画として,星★★★★☆を謹呈しよう。早くほかの3本も見なければ!!

尚,このDVDのジャケ写真がなかなか見つからないので,ここにはアメリカ版のDVDを掲示している。購入の際はご注意を。

« Herb Gellerの最高傑作 | トップページ | Dolphyファンこそ必聴のColtraneのVanguardボックス »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/15838842

この記事へのトラックバック一覧です: 皆でDon Siegelをちゃんと評価しよう:

« Herb Gellerの最高傑作 | トップページ | Dolphyファンこそ必聴のColtraneのVanguardボックス »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作