最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« VSOP Live under the Skyの完全盤 | トップページ | 最もイカしたDavid Sanborn »

2007年7月12日 (木)

Crowded House:このポップさはなんだ!

Crowded_house "Time on Earth" Crowded House (Parlophone)

これが私のCrowded House初体験である。とあるCDショップでかかっていたのを聞いて,ある意味「一聞き惚れ」してしまったのだが,このポップさが何とも素晴らしい。ちょっと聞いた感じでは,Prefab Sproutの"Jordan"を思い出してしまった。

情報によれば,彼らにとっては14年振りのオリジナル・アルバムということであるが,Ethan JohnsとSteve Lillywhiteという二人の敏腕プロデューサーによって制作された本作は,どこから聞いてもポップなサウンド満載であり,何とも素晴らしい出来である。Ethan Johnsと言えば,Ray LaMontagneのアルバムのプロデュースで,私の中では一気に注目度が高まっていたのだが,このアルバムで更に目が離せない存在となった。

アルバム全体の出来はNeil Finnの曲作りに負うところが多いように思うが,演奏には破綻はなく,これはかなりよい出来と聞いた。こんなバンドと知っていれば,もっと早くに注目していたが,やはり私も勉強が足りない。そうした点では某CDショップに感謝である。だからCDショップ通いはやめられない。世の中では元The SmithのJohnny Marrの客演が注目されているようだが,それなしでも注目に値する佳作である。星★★★★☆。

Personnel: Neil Finn(vo, g, key, vib), Nick Seymour(b, b-vo), Mark Hart(p, key, g, b-vo), Matt Sherrod(ds, perc), Ethan Johns(ds, b-vo, g, sitar), Johnny Marr(g), and Others

« VSOP Live under the Skyの完全盤 | トップページ | 最もイカしたDavid Sanborn »

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/15691069

この記事へのトラックバック一覧です: Crowded House:このポップさはなんだ!:

« VSOP Live under the Skyの完全盤 | トップページ | 最もイカしたDavid Sanborn »

Amazon検索

2017年おすすめ作