2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Doobie Brothersの洗練の極致 | トップページ | 懐かしのStuffのゆる~いグルーブ »

2007年6月 1日 (金)

Mike SternとBob Berg参加の燃えるライブ

Ukis_uotila "Jukkis Uotila Band Live" Jukkis Uotila (Stunt)

意外なメンツで録音されたハード・フュージョンの傑作である。ここでリーダーを務めるUotilaはフィンランド出身,Jansson,Danielssonはスウェーデン出身という北欧組に,SternとBergという爆裂2人組が加わるというから,ひょっとしてコンテンポラリーな4ビートかとも思わせるのだが,中身は完全なフュージョンである。それもかなり熱い。

全曲がリーダーUotilaの作曲になる4曲から構成されているが,何と言っても終曲の"The Individualist"が強烈である。冒頭からSternの強烈なソロから入り,もはやハード・ロック真っ青の世界が展開されていて,こうしたサウンドが好みのリスナーにはたまらない。そこに至るまでの3曲はクールな曲調の中に熱いソロが組み込まれていて,そちらも大いに楽しめるのだが,この4曲目ではそこまでやるかというぐらい,バンド全体の疾走感が楽しめる。急造バンドとは言え,それなりの実力者揃いなので,演奏のレベルはかなり高い。星★★★★☆。

このアルバム,1990年に発売されたものだが,市場からは消えつつあるようで,最近はあまりお目にかからなくなったが,Mike Sternのファンは必携のアルバムである。Miles DavisのバンドでMike Sternがより幅広く認知された頃はイモ・ギタリストと揶揄されたのも今は昔。結構ワンパターンなところはあるが,それでも私はMike Sternがかなり好きである。世の中,予定調和という言葉もあるし,ファンにとってはそこがよいのだ。

尚,Mike Sternを生で見る(聞く)ならニューヨークのウエスト・ヴィレッジにある55 Bar(http://www.55bar.com/)がお薦めである。はっきり言って相当下世話な場所であるが,チャージは安いし,間近でMikeの演奏が見られる。Mikeは月曜,水曜に登場することが多い。Sternを見逃しても,Wayne Krantz等も結構聞けるので,行くところがないとこの55 Barは実に役に立つ場所である。前回,この店に行ったときは,そのKrantzが出ていたが,矢野顕子が来ていたのがかなり意外であった。

いずれにしても,スーツを着用して行くような店では決してないので,お上品な皆さまは避けた方がベターだが,ダウンタウンの雰囲気は相当に濃厚に楽しめる場所である。(なんだか随分話がそれてしまった。)

Recorded Live in Copenhagen on April 10, 1989 and in Gothenburg on April 11, 1989

Personnel: Jukis Uotila(ds), Mike Stern(g), Bob Berg(ts), Lars Jansson(key), Lasse Danielsson(b)

« Doobie Brothersの洗練の極致 | トップページ | 懐かしのStuffのゆる~いグルーブ »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

これね。。
完璧に見逃していた。
このアルバムジャケット、、何処かで見たことがあるんだけど。
なんでなんだろう?何も、思い出さないのです。
でも、強化月間としては、即買いです。(きっぱり)
どうも、ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mike SternとBob Berg参加の燃えるライブ:

« Doobie Brothersの洗練の極致 | トップページ | 懐かしのStuffのゆる~いグルーブ »

Amazon検索

2018年おすすめ作